【ディズニーシー】朝食におすすめのレストラン8選!

スポンサーリンク
東京ディズニーシー
ぴょんたん
ぴょんたん

ディズニーシーで朝食を食べたいんだけど、、

どこのレストランがおすすめなんだろう?

りりあん
りりあん

パーク内には沢山のレストランがあるから

どこのレストランで朝食っぽいメニューが食べられるのか分からないよね

1日の始まりに欠かせない朝食、ディズニーシーに遊びに行かれる際も朝ごはんをどうするかお困りの方は多いはず。

ですが、ディズニーシー内にはワゴンも合わせると38店舗のレストランがあるため、この中から朝食にピッタリなお店を探すのはこの上なく大変ですよね。

また、全てのレストランが同じ営業時間とも限らず、朝からやってるレストランもあれば、お昼ごろから開店するレストランもあります。

そこで今回は朝からやっているレストランで、なおかつ朝食にピッタリなおすすめ店をディズニーマニアの筆者が8店ほどピックアップしてみました。

ぜひ、朝ごはんをどうするかお困りの方は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ディズニーシーの朝食におすすめのレストラン8選!

ディズニーシーの朝食におすすめのレストランは以下の8店になります。

・ニューヨーク・デリ
・マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー
・デランシー・ケータリング
・ケープコッド・クックオフ
・ドックサイドダイナー
・エクスペディション・イート
・ロストリバークックハウス
・オチェーアノ(ディズニーシー・ホテルミラコスタ)

今回ピックアップしている朝食におすすめのレストランは、ボリュームのあるメニューを提供しているお店からワンハンドで食べられるお店、ビュッフェスタイルのお店など様々。

その日の気分や一緒に行く相手に合わせてお選びいただけます。

ディズニーシー朝食①ニューヨーク・デリ

ニューヨーカー達にも愛されるサンドウィッチ店
パークエリア:アメリカンウォーターフロント
予約:不要(スタンバイパス対象)
予算:
1,200~2,200円

アメリカンウォーターフロントにお店を構える「ニューヨーク・デリ」は、サンドウィッチなどの軽食をいただけるデリカッセン。

サンドウィッチを売りにしているお店だけあって、ディズニーシー内のどこのレストランよりもサンドウィッチメニューが豊富です。

また、そのどれもがボリューム満点で、パークで過ごす一日の活力となりますよ。

ニューヨーク・デリは店内席はもちろんテラス席もあるため、ブロードウェイを眺めながら朝ごはんを食べることもできます。

また、テイクアウトすることもできるので、そのときの状況に合わせて選択することができます。

ニューヨーク・デリのおすすめポイント!

・購入しやすい価格帯と手軽さ。
・アメリカンウォーターフロントの入り口付近にあるため、開園直後に行きやすい!
・朝の時間帯は混雑しておらず、スムーズに購入できる。
・テイクアウト可能。

ディズニーシー朝食②マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー

ディズニーシー唯一のパン屋さん!
パークエリア:メディテレーニアンハーバー
予約:不要
予算:~1,200円

メディテレーニアンハーバーにお店を構える「マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー」は、ディズニーシーきってのパン屋さん。

ショーケースには出来たてのパンが並んでおり、どれも美味しそうで迷っちゃう。

異なるパンを購入して、半分こして分け合うのもおすすめです。

また、パンのお供になるドリンクメニューも豊富に用意されているのも嬉しいポイント!

ハーバーを一望できるオープンエアのお席で、優雅な朝食を楽しめます。

マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリーのおすすめポイント!

・購入しやすい価格帯と手軽さ!
・メディテレーニアンハーバーにあるため、開園直後に行きやすい!
・回転率が高くスムーズに購入できる。
・テイクアウト可能。

ディズニーシー朝食③デランシー・ケータリング

出典:東京ディズニーリゾート公式サイト

ニューヨーカーの胃袋を掴むホットドッグ店!
パークエリア:アメリカンウォーターフロント
予約:不要
予算:
~1,200円

アメリカンウォーターフロントでキッチンカーにて、ホットドックを販売するデランシー・ケータリング。

エレクトリックレールウェイの発車駅「アメリカンウォーターフロント・ステーション前」にあり、ひときわ目立つ黄色のキッチンカーが目印。

ホットドックは、ニューヨークエリアならではでボリューム満点!

出典:東京ディズニーリゾート公式サイト

ワンハンドで食べられるから、ささっと朝食を済ませたい方にピッタリです。

流行の最先端、ニューヨークエリアで豪快にホットドックをほうばってみては。

デランシー・ケータリングのおすすめポイント!

・購入しやすい価格帯と手軽さ!
・混雑せず比較的スムーズに購入することができる!
・食べ歩きができる。

ディズニーシー朝食④ケープコッド・クックオフ

ファストフードが楽しめるレストラン!
パークエリア:アメリカンウォーターフロント
予約:不要(スタンバイパス対象)
予算:
1,200~2,200円

ケープコッド・クックオフは、田舎町の漁村を感じられるアメリカンウォーターフロントのケープコッドエリアにあります。

店内では、出来たてのハンバーガーやポテトなど、アメリカンな朝食をいただくことができるんですよ!

出典:東京ディズニーリゾート公式サイト

また、ダッフィー&フレンズにちなんだメニューやスーベニアグッズも販売しているので、朝から大好きなキャラクターに囲まれた朝食も楽しめます。

店内席、テラス席と用意されているので気分に合わせて選べます。

ケープコッド・クックオフのおすすめポイント!

・購入しやすい価格帯と手軽さ。
・朝の時間帯は混雑しておらず、スムーズに購入できる。
・ダッフィー&フレンズとコラボしたメニューを食べられる。

ディズニーシー朝食⑤ドックサイドダイナー

カジュアルなカウンターサービスのレストラン
パークエリア:アメリカンウォーターフロント
予約:不要(スタンバイパス対象)
予算:
1,200~2,200円

豪快客船SSコロンビア号のお隣に店構えをする「ドックサイドダイナー」。

アメリカンウォーターフロントにあり、貨物倉庫を改装してつくられた開放感のあるカジュアルレストランです。

メニューは、朝食にピッタリなサンドやガッツリ食べたい方に嬉しいチキンなど、様々なニーズに応えられるよう豊富なメニューを用意しています。

出典:東京ディズニーリゾート公式サイト

家族それぞれが、自分の食べたい物を選んで朝食を楽しめる嬉しいレストランです。

ドックサイドダイナーのおすすめポイント!

・購入しやすい価格帯と手軽さ。
・朝の時間帯は混雑しておらず、スムーズに購入できる。
・豊富なメニューを用意している。

ディズニーシー朝食⑥エクスペディション・イート

出典:東京ディズニーリゾート公式サイト

ジャングルの名物フード!
パークエリア:ロストリバーデルタ
予約:不要
予算:~1,200円

ロストリバーデルタでトラックにて、ソーセージドックを販売するエクスペディション・イート。

パリッとジューシーなソーセージを香ばしいパンで包んだソーセージドックは、ロストリバーデルタの名物フードです。

出典:東京ディズニーリゾート公式サイト

ワンハンドで食べられるので、ささっと朝食を済ませたい方や軽めに済ませたい方にピッタリ。

エクスペディション・イートの付近には、人気アトラクションインディ・ジョーンズやレイジングスピリッツがあるため、食べたら直行できるのも嬉しいポイント!

エクスペディション・イートのおすすめポイント!

・購入しやすい価格帯と手軽さ。
・回転率が高くスムーズに購入できる。
・人気アトラクションに近い。
・食べ歩きできる。

ディズニーシー朝食⑦ロストリバークックハウス

ロストリバーデルタきってのワイルドメニュー!
パークエリア:ロストリバーデルタ
予約:不要
予算:
~1,200円

道具小屋を改装してつくられたロストリバークックハウスでは、ジューシーで香ばしいチキンレッグを頂けます。

ガッツリしているのに油っぽすぎないため、エネルギーをしっかりチャージしたい朝にピッタリです。

ワンハンドフードのため、ささっと朝食を済ませることができます。

ロストリバーデルタにあり、付近にはインディ・ジョーンズやレイジングスピリッツがあるため、食べたあと直行することができますよ。

ロストリバークックハウスのおすすめポイント!

・購入しやすい価格帯と手軽さ。
・回転率が高くスムーズに購入できる。
・人気アトラクションに近い。
・食べ歩きできる。

ディズニーシー朝食⑧ミラコスタ(オチェーアノ)

ディズニーシー・ホテルミラコスタで優雅な朝食!
予約:
必須(プライオリティ・シーティング対象)
予算
3,400円~

ディズニーシーホテルミラコスタ内にある地中海レストラン「オチェーアノ」では、優雅に朝食ブッフェを楽しめます。

予約が必要となりますが、ホテルに宿泊していないゲストでも利用することができるので、大人なディズニーシーを過ごしたい方に大変おすすめです。

オチェーアノのおすすめポイント!

・ホテルミラコスタで朝食が楽しめる
・ブッフェスタイルだからお腹いっぱい食べれる
・ゆっくりできる

スポンサーリンク

しっかり朝食を食べてディズニーシーを楽しもう!

今回はディズニーシーで朝食におすすめのレストランを8店紹介させていただきました。

・ニューヨーク・デリ
・マンマ・ビスコッティーズ・ベーカリー
・デランシー・ケータリング
・ケープコッド・クックオフ
・ドックサイドダイナー
・エクスペディション・イート
・ロストリバークックハウス
・オチェーアノ(ディズニーシー・ホテルミラコスタ)

ディズニーシーを思いっきり楽しむためにも、朝食でしっかりパワーチャージしてくださいね。

東京ディズニーシー
ディズニー愛を発信しているので良かったらフォローお願いします
年パス持ち主婦のお1人様で満喫ディズニー♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました