【エレクトリカルパレード】ルートとおすすめの鑑賞場所を紹介!場所取りの注意点も

スポンサーリンク
東京ディズニーランド

2001年6月1日からスタートした東京ディズニーランドのナイトパレード、「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」。

光り輝くフロートとキャラクターとのコラボレーションが、夜のディズニーランドを華やかに彩ります。

今回は歴史深き、「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」の開催ルートと鑑賞するのに最高のスポットもご紹介していきます。

スポンサーリンク

エレクトリカルパレード・ドリームライツとは

1985年3月9日から1995年6月21日まで東京ディズニーランドで行われていた「エレクトリカルパレード」を、大幅にリニューアルしたナイトパレードです。

既存のサウンドにオーケストラを加え、さらに各フロートによって異なるアレンジも加えられています。

また、以前行われていたエレクトリカルパレードの電飾が50万個だったのに対し、リニューアル後のドリームライツでは倍の100万個もの電飾が施されています。

さらにLEDや光ファイバーも導入し、大きな進化をとげました。

リニューアルを遂げた「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」は、2001年6月1日からスタートし、その後も計4回リニューアルを行っています。

ちなみにリニューアル年月はこちら。

さらに、クリスマスシーズンはキャラクターの衣装と楽曲が変わり、これもまた特別感満載で人気を博しています。

現在親世代の方が、子供時代に見たエレクトリカルパレードを、ドリームライツとして今度は親として子供と一緒に楽しむ。

親から子へ、世代を超えて語り継がれるパレードは、日本のどこを探しても「エレクトリカルパレード」以外ないでしょう。

ちなみに、エレクトリカルパレード・ドリームライツが行われる前は「ファンティリュージョン」というパレードが行われていました。

スポンサーリンク

エレクトリカルパレード・ドリームライツのルート

引用元:公式サイト

ピンクのルートの線がエレクトリカルパレード・ドリームライツのルートです。

ファンタジーランドからスタートし、ウエスタンランド→プラザ(城前)→トゥモローランド→トゥーンタウンという順番でフロートが通過していきます。

先頭のフロートから最後尾のフロートまでの長さは約900メートルにまで及び、最後尾のフロートがゴール地点のトゥーンタウンに到着するまで約45分となります。

あくまでも45分はパレード全体の所要時間であり、全フロートが自分たちの場所取りしているところを通過する所要時間は25分ほどです。

※途中でキャラクターのフロートが停止しすることなく、通過していくパレードです。

ちなみにブルーの線は、エレクトリカルパレード・ドリームライツが雨で中止になった際に行われる、ナイトフォール・グロウの通過ルートです。

Eパレとは逆のルートになっています。

スポンサーリンク

エレクトリカルパレード ・ドリームライツおすすめの鑑賞エリア3選!

光り輝くフロートに乗ったキャラクターとのコラボレーションは、夜のディズニーランドを華やかに彩ります。

通過型のパレードではありますが、鑑賞する場所によって観え方がかわるのもエレクトリカルパレード・ドリームライツの魅力。

下記ではエレクトリカルパレードを50回ほど観てきた筆者が、選りすぐりの鑑賞場所をご紹介します。

①プラザ(城前)

ディズニーランドの世界観にどっぷり浸かりながら、エレクトリカルパレードを鑑賞できるのはこのプラザだけ!

プラザの城前は、お城をバックに光り輝くパレードが鑑賞できるのが最大の魅力です。

お城をバッグに鑑賞できるエリアとあって、バケーションパッケージの鑑賞席も用意されています。

バケパの席があるということは、ディズニーランドで一番の鑑賞エリアであると公式のお墨付きということです。

場所取りの目安

人気鑑賞スポットであるため、最前列で観たい方はパレード開始時刻の1時間前か、1時間半前からの場所取りがおすすめです。
(土日祝の場合は余裕を持っての場所取りが◎)

②トゥモローランド

フロートはプラザ前を通り、橋を渡ってトゥモローランド前を通過していきます。

この鑑賞スポットの魅力は、フロートが橋を渡ってトゥモローランドに入ってくる場面がとても綺麗な点。

また、比較的穴場な鑑賞スポットであることから、開演間近でも場所とりしやすい魅力もあります。

場所取りの目安
最前列で観たい方はパレード開始時刻の45分前か、1時間前からの場所取りがおすすめです。
(土日祝の場合は余裕を持っての場所取りが◎)

③トゥーンタウン

トゥーンタウンはフロートが通る最終地点です。

片側にしか鑑賞スペースがないため、キャラクターの目線を確実にもらえるのが最大の魅力。

キャラクターの目線を確実にもらいた方にとって最高のスポットですので、キャラ好きの方に大変人気があります。

鑑賞スペースはとても狭く、最前列をゲットするためには余裕を持っての場所取りが必要です。

場所取りの目安
最前列で観たい方はパレード開始時刻の1時間半前からの場所取りがおすすめです。
(土日祝の場合は余裕を持っての場所取りが◎)

スポンサーリンク

エレクトリカルパレード ・ドリームライツ場所取りする際の注意点・ルール

場所取りする際の注意点とルールについてもチェックしておきましょう。

注意点

パレード開始時刻を事前に確認しておくことは言うまでもないことかもしれませんが、夏と冬では開始時刻が大幅に変わるため注意が必要です。

日没が遅い夏場は開始時刻が19時台に対して、日没が早い冬場は18時台に行われます。

また、鑑賞エリアによって開始時刻が変わるため、帰りの電車やバスなどに間に合うのか確認しながらの場所取りがおすすめです。

一番早く観終わることができるのは出発地点のファンタジーランドです。

逆にゴール地点のトゥーンタウンが一番、フロートの到着に時間がかかります。

人気エリアの最前列はパレード開始時刻の1時間前から埋まり始めますので、余裕をもって場所取りを行うようにしましょう。

場所取りで重宝するアイテムは下記記事でまとめています。

ちなみに雨天時はエレクトリカルパレード・ドリームライツではなく、「ナイトフォール・グロウ」が実施されます。

ルール

レジャーシートを敷いて良いのは、パレードの開始時刻の1時間前からと決められています。

1時間以上前から場所取りを行う際は、レジャーシートがお尻からはみ出さないように小さく折り畳んだ状態で行う必要があります。

また、荷物のみでの場所取りは禁止されており、1人で場所取りを行う際は席を外す際に必ずキャストに声掛けしてください。

荷物だけ置いて放置すると、キャストによって撤去されるため注意。

ベビーカーは基本的にそのままの状態で鑑賞することができますが、鑑賞エリアによってはベビーカーを折りたたむようにといった指示があります。

子連れの方で、ベビーカーを畳まずに鑑賞をご希望の方は、場所取りを行う前に事前にキャストに確認することをおすすめします。

細かなパークのマナーやルールについては下記記事にまとめていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

今回は東京ディズニーランドの夜を彩る「エレクトリカルパレード・ドリームライツ」のルートやおすすめの鑑賞スポットをご紹介させていただきました。

一年中楽しめるパレードではありますが、鑑賞スポットによって背景が異なるため何度観ても飽きません。

ぜひ、おすすめ鑑賞スポットを参考に、素敵なひと時をお過ごしくださいね。


東京ディズニーランド
ディズニー愛を発信しているので良かったらフォローお願いします
年パス持ち主婦のお1人様で満喫ディズニー♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました