【ビリーヴシーオブドリームス】見どころ・使用曲・出演キャラクターを徹底解説!

スポンサーリンク

※ 当サイトはプロモーションが含まれています

▶閲覧時の注意事項はこちら

東京ディズニーリゾート
りりあん
りりあん

どうもディズニー大好き主婦の(@ririan)です。

今回は東京ディズニーシーで行われているナイトタイムエンターテイメント、「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」の見どころや使用楽曲、出演キャラクターまで徹底解説していきます。

ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~は過去に行われていた東京ディズニーシーのナイトタイムエンターテインメントの中でも、壮大で幻想的な世界観を堪能できる素晴らしいショーだと私は思っています。

これから、ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~を鑑賞予定の方は、ぜひ見どころや使用楽曲、出演キャラクターをチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~はどんな内容?

ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~はパークの中心にあるエリア、メ゙ディテレーニアンハーバーで開催される水上ショーです。

舞台は願い星があふれる場所「シー・オブ・ドリームス」で
ディズニーの仲間たちが、「願いを諦めずに信じ続けることを忘れず夢を叶えていく」というストーリーのもとショーは展開されます。

今回のショーのキーワードはずばり「願い」で、冒頭でもゲストに願いを諦めずに信じ続けることの大切さを伝えてくれます。

みなさん願い事は叶うと信じていますか。
ときには思い通りにいかないこともあるかもしれません。
でも、諦めないで。
信じ続けて。
その心に本当の魔法が宿るまで。
It’s time to believe again
さあ、今すべての願いをもう一度。
信じる時が来たのです。

上記のセリフが流れたあと、夢や希望をもち、多くの困難を乗り越えていく姿を描いたディズニー作品の物語とともに、水はもちろん、レーザーやパイロ、花火や大規模なプロジェクションマッピング、音楽といったあらゆる演出で観客を魅了します。

▷関連記事

ファンタズミックとの違い

ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~の前に公演されていたファンタズミックは、魔法使いの弟子に扮したミッキーが観た夢の中が舞台のショーでした。

ミッキーが創造したイマジネーションの世界では、善と悪の力が壮大な戦いを繰り広げ、勇敢にヴィランズに立ち向かうミッキーの姿も印象的でした。

ちなみに日本オリジナルではなく、カリフォルニアディズニーランドで行われている「FANTASMIC!」を日本用にアレンジしたものです。

一方、ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~は、願い星があふれる場所「シー・オブ・ドリームス」が舞台。

ショーはピーターパンとウエンディ、ロスト・キッズによって始まり、願いを持ったキャラクター達が次々と登場する流れのため、主人公は願いを持った全てのキャラクター達といった感じになります。

こちらは日本完全オリジナルで、東京ディズニーシーでしか見ることができません。

スポンサーリンク

ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~の見どころ

実際に鑑賞してみてビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~の見どころは、ここだなという点を3つあげてみました。

・夢と希望をテーマにした「ストーリー性」
・大規模な「プロジェクションマッピング」
・夜空を彩る「水とレーザー」の演出

ぜひ、これから鑑賞する方は上記のポイントに注目してみてくださいね。

夢と希望をテーマにした「ストーリー性」

願いがキーワードのビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~は、「希望・夢」、「挫折・困難」・「諦めずに信じ続けて願いを叶える」というストーリーで展開されます。

そのため夢や希望をもち、時には挫折したり、困難に立ち向かいながら乗り越えていくディズニー作品のキャラクター達が多く登場し、私達ゲストはそのキャラクター達の物語に入り込んだかのような気持ちになり登場キャラクターに感情移入します。

そして、願いを諦めず信じ続けることの大切さに改めて気付かされるという、子供はもちろん大人にも響くメッセージ性の強いストーリーは見どころ満載です。

大規模な「プロジェクションマッピング」

過去に東京ディズニーシーで行われていたブラヴィッシーモ!やファンタズミックも壮大で幻想的なショーではありましたが、ホテルミラコスタを使用した大規模なプロジェクションマッピングを使った演出はビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~が初めてで、そのスケールの大きさに圧巻されます。

プロジェクションマッピングは、キャラクター達の演出と連動し、ディズニー作品の物語に一気に引き込まれますよ。

夜空を彩る「水とレーザー」の演出

水上で行われるショーのため、パフォーマンスに連動して噴水と多彩な色のライト、レーザーが一体となりとても幻想的で迫力満点です。

また、バージの映像が水面に反射する演出もとても綺麗で感動しますよ。

スポンサーリンク

ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~の出演キャラクターと使用曲

ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~に出演するキャラクターと使用楽曲をディズニー作品ごとに紹介していきます。

ショーで流れるディズニー作品の曲はビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~版にアレンジされていますよ。

ミッキー&フレンズ

【出演キャラクター】
・ミッキー
・ミニー
・ドナルド
・デイジー
・プルート
・グーフィー

映画「ピーターパン」

【出演キャラクター】
・ピーターパン
・ウェンディ
・ロストキッズ

【使用曲】
・Second Star to the Right
・ユー・キャン・フライ

映画「アラジン」

【出演キャラクター】
・アラジン
・ジーニー
・ジャスミン

【使用曲】
・アラビアンナイト
・ひと足お先に
・フレンド・ライク・ミー
・ホール・ニュー・ワールド

映画「塔の上のラプンツェル」

【出演キャラクター】
・ラプンツェル
・ユージーン

【使用曲】
・自由への扉
・輝く未来

映画「リメンバーミー」

【出演キャラクター】
・ミゲル

【使用曲】
・音楽がぼくの家族
・音楽はいつまでも
・ウン・ポコ・ロコ

映画「リトル・マーメイド」

【出演キャラクター】
・アリエル
・エリック王子

【使用曲】
・パート・オブ・ユア・ワールド
・哀れな人々
・キス・ザ・ガール

映画「モアナと伝説の海」

【出演キャラクター】
・モアナ

【使用曲】
・どこまでも〜How Far I’ll Go〜
・自分をみつめて

映画「アナと雪の女王2」

【出演キャラクター】
・エルサ

【使用曲】
・イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに
・みせて、あなたを

スポンサーリンク

まとめ

今回は東京ディズニーシーで行われているナイトタイムエンターテイメント、「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」の見どころや使用楽曲、出演キャラクターまで徹底解説させていただきました。

ハーバーの中央にはキャラクターや光、水の演出、ホテル壁面にはプロジェクションマッピングと、とにかく見どころ満載!

そのため、メディテレーニアンハーバーのどの場所から見ても楽しめ、迫力も満点です。

ぜひ、本記事を参考にして東京ディズニーシーの夜空を彩るナイトエンターテイメントを存分に楽しんできてくださいね。

▷関連記事

コメント