【ハーモニーインカラー】ルートとおすすめの鑑賞場所ガイド!場所取りのコツも

スポンサーリンク

※ 当サイトはプロモーションが含まれています

▶閲覧時の注意事項はこちら

東京ディズニーランド
りりあん
りりあん

どうもディズニー大好き主婦の(@ririan)です。

東京ディズニーランド40周年を記念して2023年4月15日からスタートしたパレード、「ハーモニーインカラー」

キャラクター達を乗せた色彩豊かなフロート、カラフルな衣装を身に纏ったダンサー達が、開催ルートを通過し、色あざやかな、ハーモニーの世界を演出します。

今回は、お昼の目玉パレードとして新たにスタートした「ハーモニーインカラー」の開催ルートと鑑賞するのに最高のスポットをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ディズニー・ハーモニーインカラーの特徴

【公演時間】
約45分
【提供】
株式会社NTTドコモ
【場所】
パレードルート(屋外)

ハーモニーインカラーは、テーマの「色あざやかな、ハーモニーの世界へ」を、ディズニー映画の冒険や勇気、家族の絆や友情、様々な物語を通じて表現します。

ポップでノリの良い楽曲「Living in color」と、色鮮やかなフロートが、パレードルートを彩り、ゲストを夢の世界へと誘います。

色とりどりの花びらであふれるフロートには、パレードでお馴染みのミッキー&フレンズはもちろん、シュガー・ラッシュやリメンバーミー、モアナなど、初めて東京ディズニーランドのパレードに出演するキャラクター達も!

また、今回のパレードは「ズートピア」や「モアナと伝説の海」など、多様性を考えさせられる作品のキャラクターを多く搭乗させており、東京ディズニーランドの新たな挑戦や試みを垣間見ることができ、見どころ満載です。

▶ハーモニーインカラーのフロートと登場キャラクターについてはこちら

▶公演時間は公式サイトの「月間スケジュール」をチェックしてくださいね。

プレミアアクセス DPA (有料席)エリアを導入

パレードの演出の他に、鑑賞方法にも新たな東京ディズニーランドの試みが現れています。

アトラクションに多く導入されている「プレミアアクセス」を、一部鑑賞エリアに導入したことです。

出典:東京ディズニーリゾート公式サイト

青く塗りつぶされたエリアが「プレミアアクセス鑑賞エリア」になります。

※ピンクで塗りつぶされたエリアは「バケーションパッケージ鑑賞エリア」

シンデレラ城をバッグに「ハーモニーインカラー」を鑑賞できる最高のスポットです。

ハーモニーインカラーのプレミアアクセスは、通常のチケットにプラスして料金(2,500円を支払い、鑑賞エリアの席を予約するシステムになります。

鑑賞エリア内の席の場所は購入後、指定されるため、長時間の場所取りを行う必要がありません。

※鑑賞位置の番号は購入完了後に画面に表示されるので、鑑賞エリア内の足元に書かれた番号と合わせて、お座りください。

予め鑑賞位置が指定されているので、長時間の場所取りを行う必要がなく、時間を有効活用したい方に嬉しいサービスです。

ただし、鑑賞エリアのスペース自体はそれほど多くないため、数に限りが有り、早い段階で売り切れになります。

▶ハーモニーインカラーのプレミアアクセスの購入方法はこちら

注意点
  • 入場チケットにプラスして一人に付き一枚(2500円)必要
  • 先着順のため、開園と同時に入園する必要がある(買える確率が低い)
  • 鑑賞位置は予め指定される

▶プレミアアクセスについてより詳しく知りたい方はこちら

ドリーミング・アップ!との違い

東京ディズニーランド開園35周年を記念して行われていた「ドリーミングアップ」は、タイトル通り「夢を見る、夢を描くを」をテーマに行われていました。

ディズニー作品の「信じれば夢はいつか叶う」というキーワードから多くのヒントを得ており、フロートは夢を連想させるリボンや浮遊感を多く取り入れていました。

出演キャラクターはミッキー&フレンズをはじめ、ディズニープリンセスやピノキオ、ピーターパンなど、夢を信じ、思い描いた、「ディズニークラシック作品」のキャラクターが多かったです。

それに対して40周年のハーモニーインカラーは、「色あざやかな、ハーモニーの世界へ」をテーマとしています。

赤や緑、黄色、紫などの色とりどりの花びらをモチーフにしたフロートや、衣装が特徴的です。

フロート搭乗キャラクターはミッキーアンドフレンズをはじめ、新たな冒険や勇気、家族の絆や友情をテーマとした「カールじいさんの空飛ぶ家」や「リメンバーミー」、「トイ・ストーリー」、「インクレディブル・ファミリー」などのPIXAR作品のキャラクターが多いです。

▶ハーモニーインカラーのフロートと登場キャラクターについてはこちら

スポンサーリンク

ハーモニーインカラーの開催ルート

東京ディズニーランドのパレードルートを使用して行われます。

ファンタジーランドからスタートし、トゥーンタウンをゴールにフロートやダンサー達がゲストの前を通過していきます。

下記画像に書かれたピンクの矢印方向にパレードが通過しますよ。

出典:東京ディズニーリゾート公式サイト

公演時間の約45分とは、スタート地点(ファンタジーランド)からゴール(トゥーンタウン)までにかかる時間を表しています。あくまでも45分はパレード全体の所要時間です。

通過型パレードは座っている場所(場所取り)している場所によって、フロートが到着するまでに時間がかかる場合があります。パレード開始時刻にタイムラグが発生します。

タイムラグをなるべく抑えたい場合は、スタート地点のファンタジーランドやウエスタンランドで観るのがおすすめです。

スポンサーリンク

ハーモニーインカラーおすすめの鑑賞場所

バケーションパッケージ、プレミアアクセス鑑賞エリア以外は自由席になります。

「ハーモニーインカラーを鑑賞するにあたって、おすすめの場所はどこ?」

「どうせならいい場所で鑑賞したい」ですよね!

私もその一人なので、実際に東京ディズニーランドに行っておすすめの鑑賞スポットを調査してきました!そして鑑賞してきました!!

調査の結果を踏まえて、おすすめの鑑賞場所をご紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

ザ・ダイヤモンドホースシュー付近

1つ目におすすめの鑑賞場所は「ザ・ダイヤモンドホースシュー付近」です。

ウエスタンランドエリアの鑑賞スポットなので、パレードスタート地点(ファンタジーランド)から近く開始時刻のタイムラグを抑えられます。

↑パレードルート全体

↓ザ・ダイヤモンドホースシュー付近の場所取りスポット拡大

白丸で囲ってあるエリアは、座り見です。ピンクで囲ってあるエリアは立ち見エリアになります。

立ち見エリアはキャラクターのお写真やフロート全体の撮影を楽しみたい方に大変おすすめです。視界が遮られることなく、バッチリ撮影できます!

立ち見エリアは、パレード開始時刻20分から30分前から立って場所取りする必要があります。

その際はキャストから指示がありますので、指示に従ってください。

立ち見エリアに一人で場所取りを行う方は、お手洗いは開始時刻1時間前には済ませておいた方が良いです。

ちなみに「ザ・ダイヤモンドホースシュー付近」の鑑賞エリアには、すぐ側にトイレがあるので、お一人様にも安心です。

こんな人におすすめ
  • 開始時刻のタイムラグを抑えたい
  • 立ち見エリアも視野にいれたい
  • トイレに近い場所で場所取りしたい

ウエスタンランドとファンタジーランドを結ぶ橋付近

2つ目におすすめの鑑賞場所は「ウエスタンランドとファンタジーランドを結ぶ橋付近」です。

この鑑賞エリアは、ショーを真正面から鑑賞できるため、ダンサーやキャラクターの視線を独占できる魅力的なスポットです。

↑パレードルート全体

↓ウエスタンランドとファンタジーランドを結ぶ橋付近の場所取りスポット拡大

トゥーンタウン同様に片側に鑑賞スペースがないため、ダンサーやキャラクターの写真撮影がしやすいです。写真撮影を楽しみたい方に特におすすめですよ。

ただし、他の鑑賞エリア(自由席)とは場所取りの方法が異なります。

白丸で囲ったエリアで鑑賞する際は、ピンクの丸で囲った一時待機列に並ぶ必要があります。

パレード開始間際になると、並んでいる順にキャストが白丸で囲ったエリアに案内してくれます。

ピンクの丸で囲ったエリアにはパレードキャストが立っていますので、白丸で囲ったエリアで鑑賞したい有無を伝え、指示にしたがってくださいね。

この鑑賞エリアは、知る人ぞ知る場所なのでディズニー好きの方が沢山います。

最前列を確保するには、2時間前からの場所取りが必須ですが、大変おすすめです。

こんな人におすすめ
  • 開始時刻のタイムラグを抑えたい
  • ダンサーやキャラクターの目線を独占したい
  • 写真撮影を楽しみたい

ホーンテッドマンション付近

3つ目におすすめの鑑賞場所は「ホーンテッドマンション付近」です。

パレードルートのスタート地点になるため、パレードが始まる瞬間を間近で楽しめます。

そしてなによりも、パレードを開始時刻と同時に鑑賞できる嬉しいスポット。

↑パレードルート全体

↓ホーンテッドマンション付近の場所取りスポット拡大

タイムラグがないため、時間を有効活用したい方に大変おすすめなスポットです。

パレード鑑賞後にアトラクションやレストランでの食事を計画に入れている方は、タイムラグがない鑑賞エリアは魅力的ですよね。

ちなみに、ディズニーのパレードはスタート地点(ファンタジーランド)から場所取りの席が埋まっていく傾向にあります。

最前列をゲットしたい方はパレード開始時刻の1時間半前からの場所取りをおすすめします。

こんな人におすすめ
  • 開始時刻のタイムラグを抑えたい
  • パレードが始まる瞬間を間近でみたい
  • 時間を有効活用したい

トゥーンタウン

4つ目におすすめの鑑賞場所は「トゥーンタウン」です。

片側にしか鑑賞できるスペースがないため、ダンサーやキャラクターの視線を独占できます。

↑パレードルート全体

↓トゥーンタウンの場所取りスポット拡大

パレードルートのゴール地点になるため、開始時刻からのタイムラグはありますが、キャラクターはもちろん、ダンサーも沢山手を振ってくれる最高のスポットです。

鑑賞スペースが少ないところやディズニーマニアの間でも人気ということから、早い段階で鑑賞スペースが埋まる傾向にある点には注意してください。

トゥーンタウンで鑑賞したい場合は、余裕を持って(2時間前から)場所取りを行うことをおすすめします。

こんな人におすすめ
  • ダンサーやキャラクターの目線を独占したい
  • キャラクターの目線写真を沢山撮りたい
  • ファンサービスをもらいたい
スポンサーリンク

ハーモニーインカラーの場所取りのコツ

ハーモニーインカラーを鑑賞するにあたって、鑑賞スペースでの席を確保するなら何時間前から場所取りを行うのがおすすめなのか気になりますよね!

いつから並ぶかによって、鑑賞できるエリアやキャラクターやダンサーの見えやすさなどが変わってくるため、場所取りのコツをしっかり抑えておきましょう。

私の体感としては・・・

  • 平日なら最前列は1時間半前から
  • 休日なら最前列は2時間前から
  • 後列でも良ければ40分から30分前

その日のパークの混雑状況にもよりますが、上記の時間を目安と当日の混雑状況を加味しながら場所取りを行なうのがおすすめです。

平日なら最前列は1時間半前から

平日でも最前列を狙うのであれば、1時間半前からの場所取りは必須です。

特に、パレードのスタート地点(ファンタジーランド)のホーンテッドマンション付近や、スプラッシュマウンテン付近の鑑賞エリアは、パレード開始時刻1時間半前からから埋まっていきます。

逆にパレードのゴール地点に近い(トゥモローランド)は、スタート地点に比べて開始時間にタイムラグが発生することから、パレード開始時刻1時間前でも最前列が空いていることも。

休日なら最前列は2時間前から

休日なら最前列を狙うのであれば、2時間前からの場所取りは必須です。

その日の混雑状況にもよりますが、パークが比較的混雑しやすい(土日や祝日、連休)は、余裕をもっての場所取りが大切です。

平日同様にパレードのスタート地点(ファンタジーランド)のホーンテッドマンション付近から最前列が埋まっていきます。

並ぶ時間を少しでも短縮したい方は、比較的穴場とされているトゥモローランドの最前列を狙ってみると良いかもしれませんね。

後列でも良ければ40分から30分前

後列でも良ければ、平日、休日どちらも40分から30分前からの場所取りでも大丈夫です。

その日の混雑状況にもよりますが、ちょっと混んでいるなと感じたら余裕をもって1時間前くらいから場所取りができればより確実にスペースを確保できるかと思います。

キャラクター達が搭乗しているフロートはそれなりに高さがあるため、後列でも鑑賞することは可能です。

ただし、フロートに搭乗していないキャラクターやダンサーは見えにくいと感じるかもしれません。

後列でもパレードの雰囲気は十分に楽しめます。

スポンサーリンク

ハーモニーインカラーの場所取りでの注意点

ハーモニーインカラーの場所取りを行なう上で知っておきたい注意点は以下の通りです。

  • 場所取りを行なう位置でキャラクターの見え方が変わる
  • レジャーシートや荷物のみの場所取り不可
  • 強風や雨などの悪天候時は中止になる場合がある

場所取りを行なう位置で見れるキャラクターが変わる

ハーモニーインカラーに出演するほとんどのキャラクターは、パレードルートアウト側(パレードルートの進行方向右側)、イン側(パレードルートの進行方向左側)でも鑑賞できます。

しかし、ミッキー&フレンズが集結しているフロートのみ、アウト側で場所取りするかイン側で場所取りするかで、見れるキャラクターが変わります。

※ミッキーとミニーはどちら側で場所取りを行っても鑑賞できます。

アウト側で見れるキャラ
  • プルート
  • チップ
  • デイジー

アウト側は、お城が見える側になります。

イン側で見れるキャラ
  • グーフィー
  • デール
  • ドナルド

イン側は、お城を背にした状態で鑑賞する側になります。

レジャーシートや荷物のみの場所取り不可

レジャーシートや荷物のみの場所取りはルールで禁止されています。

トイレや買い出しなどで一時的に場所を離れる場合は、お連れ様に荷物を預けるなどして、誰か一人はその場で座っている必要があります。

ただし、一人で場所取りを行っている方はこの限りではありません。

一人で来ている方は、席を離れる際にお近くのキャストに声をかけ、ご自身の場所取りしている位置を伝えれば、レジャーシートや荷物のみの状態になってしまっても大丈夫です。

必ず貴重品は持ち、30分以内には戻るようにしましょう。

強風や雨などの悪天候時は中止になる場合がある

ハーモニーインカラーが開催される場所は屋外になるため、その日の天候によっては中止になることがあります。

中止になりやすい天候は、雨などの悪天候はもちろん、晴れていても強風の場合は安全面の観点からパレードが中止になりやすいです

雨であれば中止になるのも分かりますが、強風でもパレードが中止、もしくは風バージョンに変更されます。

※小雨であればカッパを着た雨バージョンになることも・・

風キャン(風によるキャンセル)になりやすい基準は、風速7〜10mです。

天気予報をチェックする際は、風速情報も事前に確認しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回は東京ディズニーランド40周年を記念してスタートした、「ハーモニーインカラー」の開催ルートと鑑賞するのに最高のスポットをご紹介させていただきました。

2023年4月15日にスタートしたハーモニーインカラーは、東京ディズニーランド45周年までの約5年間、お昼の目玉としてパレードルートを彩ります。

ぜひ、おすすめ鑑賞スポットを参考に、ハーモニーインカラーを存分に楽しんでくださいね。

▶ハーモニーインカラーの場所取りを快適にしてくれるアイテムはこちら

▶一人ディズニーで場所取りする際のコツはこちら

東京ディズニーランド
ディズニー愛を発信しているので良かったらフォローお願いします
年パス持ち主婦のお1人様で満喫ディズニー♡

コメント