【ジャングルクルーズ】の船に名前が付いている訳とは?ボートの謎を徹底追求!

スポンサーリンク

※ 当サイトはプロモーションが含まれています

▶閲覧時の注意事項はこちら

東京ディズニーランド

どうもディズニー大好き主婦の(@ririan)です。

みなさんは東京ディズニーランドにあるジャングルクルーズ(ワイルドライフエクスペディション)に乗船したことはありますか!?

亜熱帯地域のジャングルをボートに乗って体験できるあのアトラクションです。

乗船したことがある方も、そうでない方もジャングルクルーズのボートに名前が付いていることをご存知でしょうか。

なんとジャングルクルーズの船には一艘一艘名前がしっかりとあり、所有者までいるんです。

今回は、ジャングルクルーズの船にスポットを当て、名前がある訳や種類など、船にまつわる謎を徹底追求していきます。

スポンサーリンク

ジャングルクルーズの船は一艘ずつ所有者がいる

ジャングルクルーズの船には一艘ずつ名前があり、それぞれ所有者がいます。

船内には所有している方々の職業にまつわる品々が飾られており、船によって異なる装飾品の数々を見ていくのもジャングル・クルーズを楽しむ上で外せません。

名前はボートの屋根にあるプレートの様な装飾に書かれており、「川の名前」と「女性の名前」を組み合わせてネームプレートされています。

そのどれもが、最初に始まる頭文字を統一させ、韻を踏むような形で成り立っているんです。※(オリノコ・アイダ(Orinoco Idae)以外)

写真のボートの場合、「ZAMBESI ZELDA」とネームプレートされていますね。

これはザンベジ川+ゼルダと書かれており、生物学者の方が所有している船という設定になっています。

そのため、船内には生物学者という職業にまつわる品々が飾られています。

このようにジャングルクルーズの船は一艘一艘に名前があり、所有している方の職業によって船内の装飾が違うことがわかりますね。

ではそもそも、ジャングルクルーズの船の名前が川の名前にプラスして女性の名前を組み合わせてネームプレートされているのはなぜでしょうか。

私が思うに、英語では船のことをSheと表現し、船のことを彼女と呼ぶことから、それをジャングルクルーズのボートにもしっかり反映させているのではないかと考えています。

海外の船は女性の名前が付けられていることが多いですしね。

船の名前をなぜ女性に例えるのか、については諸説ありがますが、古来より船はを操作するのは男性の役割であり、そのパートナーとして例えたことや、頻繁にペンキを塗り替えて装飾していたことを化粧に例えたことなどが反映されているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ジャングルクルーズのボートは全部で13種類

ジャングル・クルーズで現役として稼働しているボートは全部で13種類あります。

一覧をみてみると、(オリノコ・アイダ(Orinoco Idae)以外の船はすべて、前後のイニシャルが韻を踏むように揃えられているのが分かります。

①アマゾン・アニー(AMAZON ANNIE)
「所有者はライフガード」
②コンゴ・コニー(CONGO CONNIE)
「所有者は探検家」
③ガンジス・ガーティー(GANGES GERTIE)
「所有者は釣り師」
④イラワジ・アーマ(IRRAWADDY IRMA)
「所有者は探検家」
⑤クワンゴ・ケイト(KWANGO KATE)
「所有者は写真家」
⑥ナイル・ネリー(NILE NELLIE)
「所有者は探検家」
⑦オリノコ・アイダ(Orinoco Idae)
「所有者は画家」
⑧ルッシュル・ルビー(RUTSHURU RUBY)
「所有者はトレジャーハンター」
⑨サンクル・サディ(SANKURU SADIE)
「所有者は収集家」
⑩セネガル・サル(SENEGAL SAL)
「所有者は探検家」
⑪ボルタ・ヴァル(VOLTA VAL)
「所有者は探検家」
⑫ワンバ・ワンダ(WAMBA WANDA)
「所有者は医者」
⑬ザンベジ・ゼルダ(ZAMBESI ZELDA)
「所有者は生物学者」

ボートには一艘一艘、所有者がいる設定になっていますが、ジャングルクルーズとあってか探検家が所有している船が多いですね。

スポンサーリンク

ジャングルクルーズの船の中で一番レアなのは?

ジャングルクルーズでは13隻のボートが現役で動いていますが、一番レアな船はどれなのか、またそもそもあるのか気になるところではないでしょうか。

ちなみに乗船できたらレアと言われている船は実際にあり、オリノコ・アイダ(Orinoco Idae)とボルタ・ヴァル(VOLTA VAL)になります。

オリノコ・アイダ(Orinoco Idae)は、他の13隻とは違い前後のイニシャルが揃っていません。

そのことからレアな船の一つとしてファンの間で知られています。

なぜこのオリノコ・アイダ(Orinoco Idae)だけが、前後のイニシャルが違うのかは定かではありませんが、きっとなんかしらの意味が込められているのかもしれませんね。

もう一艘レアな船として有名なのが、ボルタ・ヴァル(VOLTA VAL)です。

この船は赤と白のストライプ柄の屋根が特徴的で、なんとジャングルクルーズ開園当初から活躍しているんです。

ディズニー好きの方やジャングルクルーズ好きの方なら、ぜひ乗ってみたいボートではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

今回は東京ディズニーランド開園当初からある、「ジャングル・クルーズ」の船にスポットを当て、名前がある訳や種類など、船にまつわる謎を徹底追求していきました。

船一つとっても、しっかり設定を用意しているディズニーに改めて凄いと感じた方は多いのではないでしょうか。

今までは何気なく乗船していたジャングル・クルーズも、こういったストーリーを知ることで、今後はアトラクションの隅々までチェックしながら乗船したくなるはずです。

東京ディズニーランド
ディズニー愛を発信しているので良かったらフォローお願いします
年パス持ち主婦のお1人様で満喫ディズニー♡

コメント