【BGS】海と陸の交流「マーメイドラグーン」に隠された物語と豆知識

スポンサーリンク
東京ディズニーシー

どうもディズニー大好き主婦の(@ririan)です。

東京ディズニーシーにあるマーメイドラグーンは、リトルマーメイドの世界観存分に堪能できるパーク唯一のエリア。

海上と海底エリアから成り立つマーメイドラグーンには、アトラクションをはじめショップやレストランなどがあり、そのどれもがユニークさに富んでいます。

今回はそんな魅力溢れるマーメイドラグーンのバックグラウンドストーリーやトリビアにスポットをあてながら、エリアをご紹介していきます。

スポンサーリンク

リトルマーメイドの世界観を楽しめる「マーメイドラグーン」

映画リトルマーメイドのその後を表現し、さらにパーク内最大級の屋内施設をもつエリアです。

天候を気にせず楽しめるとあって、お子様から大人まで大人気。

さらに、空調が効いているので夏の暑い日も冬の寒い日も快適に過ごすことができます。

また、マーメイドラグーンにあるアトラクションは身長制限がなく、絶叫系や怖い要素もありません。

ですから小さなお子様連れの方はマーメイドラグーンを拠点に楽しむと良いかもしれませんね。

このテーマポートの特徴はエリアのシンボルとして聳え立つお城、キング・トリトン・キャッスルを中心に構成されているところです。

これはマーメイドラグーンに限らず、ディズニーシーのテーマポートには必ずエリアの象徴となるアイコンがあり、それを中心にエリアが構成されています。

スポンサーリンク

「マーメイドラグーン」誕生した理由(BGS)

さて、ここからはマーメイドラグーンはどのようにして誕生したのかについてのお話です。

まずマーメイドラグーンは、

映画リトルマーメイドのその後の世界を表現したエリアであること。
アリエルのお父さん「トリトン王」が臣民と協力して造った場所であること。

というバックグラウンドストーリーがあります。

海底の王様であり、アリエルのお父さんでもある「トリトン」は、最愛の妻(アテナ)を船の事故で亡くしたことから「人間を嫌う」ようになります。

その悲しみから逃れるため、妻(アテナ)が愛していた「音楽」をアトランティカで禁止してしまう。

こういった辛く悲しい過去を持つトリトン王が、なぜ臣民と協力してマーメイドラグーンを造ったのか。

それは愛娘アリエルが、ただただエリック王子を思う「一途な恋心」に心動かされたからなのです。

今まで人間を頑なに拒んできたトリトン王は、アリエルと人間の王子エリックとの結婚を機に、人間への誤解が溶け自分の行動を改めます。

そして、これからはもっと海と陸の交流を盛んに行えるようにと「マーメイドラグーン」を臣民と協力して誕生させたのです。

今までは、人間がお城キング・トリトン・キャッスルに立ち入ることを禁止していましたが、お城の入り口には招待メッセージが。

また海底王国では、今まで禁止されていた音楽も沢山楽しむことができます。

陸の世界に憧れ続けたアリエル、そしてそれを拒んできた父トリトン王。

でもやっぱり、娘の幸せの為ならなんでもしてあげたいと思うのが親ってもんなんですね。

マーメイドラグーンは、そんな親子の愛の絆を感じられる素晴らしいスポットです。

エリアの世界観により深く入り込みたい方は、「リトルマーメイド」本編はもちろん、Ⅱ、Ⅲをみておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

お城から水が滴っている理由

お城キング・トリトン・キャッスルを近くでみてみると、水があちこちから滴っているのが分かります。

元々はこのキング・トリトン・キャッスル、アリエル達が住む海底にありましたが、海と陸で交流ができるようにとトリトン王が海上に引き上げてくれたため、お城のあちこちから水が滴っているんですよ。

スポンサーリンク

「マーメイドラグーン」は2つのエリアで構成されている

海と陸の交流が盛んに行われるようにとの思いで誕生したマーメイドラグーンは、アバブ・ザ・シーとアンダー・ザ・シーの2つのエリアで構成されています。

海上「アバブ・ザ・シー」

海上「アバブ・ザ・シー」には、マーメイドラグーンのシンボル的存在「キング・トリトン・キャッスル」があります。

お城のキング・トリトン・キャッスルを囲むように2つのアトラクションがあり、ゲストを楽しませてくれます。

・フランダーのフライングフィッシュコースター
・スカットルスクーター

海底「アンダー・ザ・シー」

海底「アンダー・ザ・シー」は、今まで人間の立ち入りを禁止していた海底王国。

アリエルとエリック王子の結婚を機に私達ゲストも自由に出入りすることがきるようになり、海の世界を存分に楽しむことができるようになりました。

ちなみに、海底で息ができているのはトリトン王の魔法のおかげなんですよ。

海底王国には

・マーメイドラグーンシアター
・ジャンピングジェリーフィッシュ
・ブローフイッシュバルーンレース

・ワールプール
・アリエルのプレイグラウンド
・セバスチャンのカリプソキッチン
・キス・デ・ガール・ファッション
・スリーピーホエール・ショップ
・マーメイドトレジャー

があり、一日中遊ぶことができますよ。

スポンサーリンク

トリトン王と巨民が協力して造り上げた数々の施設

マーメイドラグーンには、トリトン王と巨民が私達ゲスト(人間)を楽しませるために造り上げた数々の施設があります。

スカットルスクーター

人間界のことを知り尽くした?アリエルの友人「スカットル」は、アバブ・ザ・シーにヤドカリの協力を得て、私達ゲストを楽しませてくれる愉快なライドアトラクションをつくりました。

フランダーのフライングフィッシュコースター

アリエルの大親友「フランダー」は、仲間のフライングフィッシュ(トビウオ)を集めて人間たちが楽しめるコースターライドをつくりました。

落下角度とスピードが緩やかなジェットコースターなので、お子様のジェットコースターデビューにおすすめ。

ブローフイッシュバルーンレース

海底に住むフグたちはプクッと膨らむ体の構造を生かして、自分の体に貝殻を吊り下げ、くるくると回転するゴンドラアトラクションをつくりました。

速度が上がるにつれ、ゴンドラが高くなるアトラクションで壮快感抜群!

ジャンピングジェリーフィッシュ

クラゲたちは他の海の仲間達にはできない、ゼリーのような柔らかい体の構造を生かして、ぶらぶらとぶら下がる腕に貝殻をくくりつけ、パラシュート体験ができるアトラクションをつくりました。

アトラクションは上下にバウンドするため、ちょっとしたスリルを味わえます。

ワールプール

マーメイドラグーンには、サンゴやケルプ(巨大な海藻)など海の産物が沢山。

その海の産物を活用して私達ゲストを楽しませてくれるのが、「ワールプール」というコーヒカップのようにくるくると回転するアトラクションです。

このアトラクションをつくってくれたのは、アトラクションの入り口でゲストを出迎えるイルカとアカエイたちなんですよ。

アリエルのプレイグラウンド

アリエルのプレイグラウンドは、映画リトルマーメイドの世界を存分に楽しめる体験型アトラクションです。

9つのエリアで構成されたアトラクション内には、様々なトリビアが隠されており、私達ゲストの冒険心を掻き立ててくれます。

マーメイドラグーンシアター

マーメイドラグーンシアターは、エリア内唯一のシアタータイプのアトラクションです。

ここでは、ディズニー映画「リトルマーメイド」のアリエルとその仲間たちによる愉快なミュージカルショーを楽しむことができます。

上映中は「パート・オブ・ユア・ワールド」や「アンダー・ザ・シー」などの名曲の数々を聴くことができますよ。

セバスチャンのカリプソキッチン

王家に仕えながら、宮廷音楽家でもあるセバスチャンはお気に入りの場所にレストランをオープンしました。

カリプソが流れる店内では、美味しいファストフードをいただけます。

スリーピーホエール・ショップ

のんびりで心優しいスリーピーホエールは、自分の身体の中にお土産ショップを開店しました。

店内にはお菓子やリトルマーメイドに因んだグッズなど、様々な商品が並んでいます。

キス・デ・ガール・ファッション

キス・デ・ガール・ファッションは、映画リトルマーメイドでアリエルとエリック王子がキスをしようとしたロマンティックな入江をイメージしたショップです。

ここでは、ベビー服やキッズ服を取り扱っています。

マーメイドトレジャー

マーメイドトレジャーは、アリエルと姉たちのドレッシングルームの中でお買い物ができるショップです。

ぬいぐるみやおもちゃ、カプセルトイなどがあります。

スポンサーリンク

「マーメイドラグーン」は装飾もユニーク

マーメイドラグーンは装飾にも多くの拘りを感じられるエリアです。

珊瑚でできた柵だとか、アリエルと海の仲間たちが描かれたタイルなど、エリア一帯が海に因んでいます。

私が特に好きなのは、エリア内にある街灯の装飾。

デザインがアンダー・ザ・シーとアバブ・ザ・シーで違っているですよ。

アンダー・ザ・シーの入口付近の街灯は、トリトン王が操る三叉槍が飾られています。

アバブ・ザ・シーの街灯は、貝殻とタツノオトシゴが飾られています。

このように、エリア内には一つの美術品としてじっくりと眺めたくなるような素敵な装飾がありますので、ぜひ建築や街灯などを眺めながらマーメイドラグーンを楽しんでみては。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、東京ディズニーシーにある「マーメイドラグーン」に隠された物語と豆知識をご紹介させていただきました。

マーメイドラグーンは、トリトン王が愛娘アリエルの結婚を機につくったエリアで、親子の強い絆と愛を感じられる素敵な場所。

父が娘を思う気持ちは海のように深いこと教えてくれる、心温まるスポットです。

そんな明るく幸せに満ち溢れたリトルマーメイドのその後の世界、マーメイドラグーンで素敵なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

東京ディズニーシー
ディズニー愛を発信しているので良かったらフォローお願いします
年パス持ち主婦のお1人様で満喫ディズニー♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました