【苦手克服】ディズニーのグリーティングでキャラクターと距離を縮める8つのコツ!

スポンサーリンク

※ 当サイトはプロモーションが含まれています

▶閲覧時の注意事項はこちら

ディズニーリゾート
りりあん
りりあん

どうもディズニー大好き主婦の(@ririan)です。

ディズニーのキャラクターグリーティングは、ディズニーアニメーションのキャラクター達と実際にふれあい、写真撮影ができてしまうファンの方には堪らない夢のような場です。

しかし、キャラクターグリーティングでキャラと触れ合えるのは嬉しいけれど、結局いつも「何を話したらいいか分からずな状態で自分の番が終わってしまった」、「可愛いやカッコイイしか伝えられなかった」という方は多いのではないでしょうか。

そのため、キャラクターグリーティングに対して「苦手意識」をもっている方も少なくないでしょう。

キャラクターグリーティングでは触れ合える時間が限られているため、できれば後悔のないように、そして大好きなキャラクターとの距離を少しでも縮められたら良いですよね。

そこで本記事では、すぐにグリーティングで実践できるキャラクターと距離を縮めるコツを紹介していきます。

ほんのひと工夫で劇的にグリーティングが楽しくなりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【こんな人におすすめの記事】
・キャラクターにどう接したらいいか分からない、苦手意識を持たれている方
・大好きなキャラクターと少しでも距離を縮めたい方
・グリーティングをもっと盛り上げ、楽しみたい方

スポンサーリンク

キャラクターグリーティングの種類

キャラクターグリーティングは、普段中々触れ合うことのできないディズニーキャラクター達と私達ゲストが唯一触れ合える交流の場です。

そんなディズニーファンにとって欠かせない場であるキャラクターグリーティングは、大きく分けて3つあり

キャラグリの種類
  • 整列グリーティング
  • フリーグリーティング
  • キャラクターダイニング

整列グリーティングは列をなして行われるのに対して、フリーグリーティングはキャラクターの周りに集まったゲストの中からキャラクターが自ら指名し、触れ合いが行われます。

キャラクターダイニングはお食事中の各テーブルにキャラクターが訪れ、写真撮影や触れ合いができるちょっと特殊なタイプのグリーティングです。

いずれもキャラクターと触れ合える時間は1分弱。

ただし、トークが盛り上がったりすると2分から3分弱ぐらいになるため、せっかくなら沢山触れ合えるよう工夫できると良いですよね。

スポンサーリンク

グリーティングでキャラクターと距離を縮める8つのコツ

これからご紹介する「グリーティングでキャラクターと距離を縮めるコツ」は、整列グリーティングはもちろん、フリーグリーティングやキャラクターダイニングでも活用できます。

ただし私の個人的な考えではありますが、いきなりフリーグリーティングで活用するのは少々難易度が高いため、整列グリーティングやキャラクターダイニングで成功体験を積んでからフリグリに活用するのがおすすめです。

キャラクターと距離を縮められると、他のゲストよりも長く触れ合うことが可能になるので、ぜひ取り入れやすいことから取り入れてみてくださいね。

キャラクターの好きなものや好きな人を事前に把握

いつも可愛いやかっこいいしか伝えられない、結局何を話したらいいかわからず自分の番が終わってしまったという経験がある方は、まずはキャラクターについて調べてみると会話を広げることができるかもしれません。

例えば、キャラクターの好きな物や好きな人について知っていれば、その話題を振るだけで一気にキャラクターとの距離が縮まります。

ミニーちゃんであれば、恋人であるミッキーに関する話題を振ったり、ミッキーならミニーちゃんの話題を振ったりすると、かなり話に乗ってくれます。

【会話例】(ミッキーのグリーティングの場合)

「ミッキー会いたかったよ!」
「さっき、ミニーちゃんにも会ってきたんだけど、ミニーちゃんもミッキーに凄く会いたがってたよ!」

など・・・

恋人同士であるドナルドとデイジー、ダッフィーとシェリーメイにも同様の会話が使えますよ。

▷キャラクターのことを詳しく知るなら下記の本がおすすめです。

ショーやパレードの感想を伝える

ショーやパレードの感想を伝えるのも楽しくお喋りできるきっかけになり、キャラクターとの距離を縮を一気に縮められます。

【会話例】

「〇〇のショー、もしくはパレード凄くよくて感動しちゃった。」
「ショーでのミッキーのダンス、キレッキレでかっこよかった。」
「〇〇のショー観てきたんだけど、〇〇のシーンが凄く好き」と具体的に伝えるのも◎

ショーを鑑賞した感想はもちろん、

「ショーの抽選に当たったからこれから観てくるね!」や、
「〇〇のショー凄く楽しみだったのに抽選に外れてしまったよ、、、慰めて」

といった内容にも、キャラクターはしっかりリアクションしてくれますよ。

ショーやパレードの感想はキャラクターに話しかける方法として一番取り入れやすいため、緊張しやすく、人見知りな方は、まずはショーやパレードの話題を振るのから始めてみるのがいいかもしれませんね。

他愛のない世間話をする

世間話をするのもキャラクターと距離を縮めるのに効果的です。

天気の話やパークでのエピソード、記念日や誕生日であることを話すののもおすすめ。

中でも一番、話しやすいのは天気や季節の話題。

・「今日、凄く暑いね」とお話しすると、涼しくなるように手で扇いでくれたり、汗を拭うリアクションをしてくれたりします。
・「今日、寒いね」とお話しすると、手を握って温めてくれたり、体をブルブルさせるリアクションをしてくれたりしますよ。

推しのキャラクターグッズを身に着けたり持っていく

いざ大好きなキャラクターを目の前にすると、ドキドキと緊張で会話ができなくなるという方は、推しのキャラクターグッズ(ぬいぐるみやぬいぐるみバッチ、カチューシャやファンキャップなど)を身につけたり持って行ったりして会いに行くのがおすすめ。

グッズやカチューシャに気づいたキャラクターが、「あ、僕だ、私だ!」と嬉しそうにリアクションしてくれるので、キャラクターと会話するきっかけ作りになりますよ。

また、あえて推しのグッズは持っていかず、推しと恋人関係にあるキャラクターのグッズを身につけたり、推しとは全く関係ないキャラクターのグッズを身につけたりして会いに行くのも面白い反応が見れて楽しいですよ。

推しと恋人関係にあるキャラクターのグッズを身につけていくと、、、

例えば・・・
ミニーのグッズを身につけてミッキーに会いに行くと、「ミニーだ!」と嬉しいそうにグッズに向かってハートマークを描いたり、投げキッスをしたりすることも。

キャラクターによっては、推しとは全く関係ないグッズを持って行ったり身につけたりして会いに行くと、、

「僕、私がいないじゃないと嫉妬し、僕、私のも買って」と可愛くリアクションしてくれます。

バースデーシールを身に着けていく

バースデーシールを身に着けてキャラクターに会いに行くのも、会話をするきっかけに繋がるため大変おすすめです。

バースデーシールにキャラクターが気づいてくれると、手をパチパチしてお祝いしてくれます。

自分からバースデーシールをアピールして、「今日、今月誕生日なの!お祝いしてもらえると嬉しいな」と伝えるのも◎

バースデーシールは、ディズニーランドであれば「メインストリート・ハウス」、ディズニーシーであれば「ゲストリレーション」で貰うことができます。

上記の施設以外でも、パーク内にいるキャストさんに声をかけると貰うことができます。

特に(黒いポーチを腰にぶら下げていてカラーペンを入れているカストーディアルキャスト)さんが貰いやすいですよ。

ちなみに、バースデーシールは誕生日当日でなくても貰うことができるので、誕生日月にインされる方や誕生日当日は来られないけどお祝いしてもらいたいという方は、ぜひ貰ってみてくださいね。

▶ディズニーの誕生日シールについては下記記事でより詳しく解説しています。

キャラクターの誕生日を一緒にお祝いする

キャラクターグリーティングでキャラとの距離を一気に縮めるなら、キャラクターの誕生日を一緒にお祝いするのがおすすめです。

ただし、主要キャラクターの誕生日は、限定グッズなどが販売されたりと大々的に行われるため、誕生日当日の整列グリーティングは大混雑するので、誕生日月や誕生日前日にお祝いするのが良いですよ。

私が、好きなキャラクターの誕生日当日にお祝いできない時は

「ちょっと早いけどお誕生日おめでとう」
「遅くなっちゃったけど、誕生日おめでとう」

と、いった感じの内容で伝えることが多いです。誕生日当日でなくてもとっても喜んでくれますよ。

▷整列グリーティングで会えるキャラクターの誕生日をまとめてみました。

  • ミッキー&ミニー「11月18日」
  • ドナルド「6月9日」
  • デイジー「1月9日」
  • ダッフィー「11月5日または12月26日」
  • シェリーメイ「1月22日」

▶パークで会えるディズニーキャラクターの誕生日一覧

キャラクターからサインを貰う

キャラクターからサインを貰うのも会話するきっかけに繋がり、とってもおすすめです。

サインを貰うタイミングは写真撮影を行う前になります。

事前にペンとサインしてほしいアイテムを用意しておきましょう。何にサインをしてもらうか悩む方はパークで販売されている「サイン帳」や「ノート」、「ポストカード」がおすすめ。

下記に該当する物はサインしてもらえないので、ご注意ください。

・キャラクターのイメージを損なう物
・法的書類
・着用している衣類
・人体(肌)

※ちなみに、サインに対応しているキャラクターとそうでないキャラクターがおり、整列グリーティングを実施しているダッフィーとシェリーメイはサインの練習中とのことでもらえません。

※現在、キャラクターダイニングのシェフミッキーではサインを休止しています。

お揃いのポーズで写真撮影する

ちょっとした世間話にプラスして、キャラクターとお揃いのポーズで写真を撮るだけでもキャラクターとの距離を一気に縮めることができます。

キャラクターが自らこのポーズで撮ろうと提案してくれた場合は、そのポーズで写真撮影を行いましょう。

特に提案がなければ、

「お揃いのポーズで写真撮影がしたいんだけど、なにか良いポーズあるかな?」

といった感じの質問ベースで伝えると、快く考えてくれますよ。

お揃いのポーズでの写真撮影はキャラクターとの距離が縮まるうえに、形としてしっかり残るため最高の記念になりますよ。

スポンサーリンク

もっと距離を縮めるなら「ループ」しよう

もっと距離を縮めるなら、やはり沢山会いに行くに越したことはありません。

整列グリーティングの場合、うまく話せなくても時間が許す限り何度も会いに行くことでキャラが自分のことを認知してくれ、キャラクター側からジェスチャーでコミュニケーションを取ってくれることもあります。

ぜひ、もっとキャラクターとお近づきになりたいという方は、足繁く通ってみてはいかがでしょうか。

キャラクターとの距離が縮まることはもちろん、場数も踏めるため、苦手だったキャラグリがいつの間にか得意に変わっているかもしれませんよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回はキャラクターは好きだけど、グリーティングに苦手意識を持たれている方や、何を話したらいいか分からないという方、いつも会話がワンパターンになってしまいがちな方に向けて、すぐにグリーティングで実践できるキャラクターと距離を縮めるコツを紹介しました。

ひとりで参加する際はもちろん、友達や家族と参加する際にも活用できますので、ぜひ出来そうなものから取り入れてみてくださいね。

この記事を参考に、少しでも多くの方がディズニーのキャラクターグリーティングの楽しさに目覚めて頂けたら幸いです。

コメント