【センターオブジアースとタワーオブテラー怖いのはどっち?】マニアが解説!

東京ディズニーシー
ぴょんたん
ぴょんたん

ディズニーシーのセンターオブジアースとタワーオブテラーってどっちが怖いんだろう?

りりあん
りりあん

ディズニーシーの絶叫系アトラクションとして、2つを比較される方は多いよね。

というこで今回は、2つ(センターオブジアースとタワーオブテラー)のアトラクションデータを比較し、実際に乗車した管理人の感想も含めてどちらが怖いのか解説していきます。

ディズニーシーに遊びに行かれる際に、どちらが怖いのか事前に知っておきたい方はぜひ参考にしてみてくださいね♡

※あくまでも私個人の主観による感想と、捉えていただけますと幸いです。

スポンサーリンク

センターオブジアースとタワーオブテラーを比較

センター・オブ・ジ・アースとタワー・オブ・テラーはディズニーシーを代表する絶叫系アトラクションです。

そのことから2つのアトラクションを比較される方が多いですが、センター・オブ・ジ・アースはアトラクションの終盤に急旋回し落下するのに対して、タワー・オブ・テラーはフリーフォールのようなアトラクションになります。

アトラクションに対する体感は人それぞれであるため、各アトラクションのスペックをみることによって怖さの度合いなどが想像できるかと思います。

センターオブジアースのスペック

最大傾斜:45度
最高落差:20m
落下速度:約75km/h
落ちる回数:合計1回
身長制限:117cm以上
利用制限について▶公式サイト

センター・オブ・ジ・アースは、ディズニーシーのシンボルである「プロメテウス火山」を時速約75kmで落下するのが魅力のアトラクションです。

ディズニーランドにあるスプラッシュマウンテンと同様に、中盤から終盤にかけて速度が上がっていき一気に急降下するため、浮遊感をかんじやすいのが特徴。

急降下する回数は1回と少なく、割と一瞬で終わります。

ただ体重が軽い方はしっかり踏ん張らないと、放り出されそうな感じになるため怖くなりやすいです。

タワーオブテラーのスペック

引用元:公式サイト

最高到達地点:38m
落下速度:約50㎞/h
落ちる回数:合計3回
身長制限:102cm以上
利用制限について▶公式サイト

アメリカンウォーターフロントにそびえ立つ恐怖のホテル「タワー・オブ・テラー」は、最高到達地点38mを3回に分けて垂直に落下するフリーフォールタイプのアトラクションです。

落下時にお尻と足が浮き、かなりスリリングがあります。

またタワーオブテラーは3種類のエレベーターが用意されており、乗車するエレベーターによって微妙に落下する距離が異なると言われています。

実際に3種類のエレベーターに乗り、怖さが変わるのか検証してみましたが正直落ちる回数が変わらないため怖さにあまり影響はしていないです。

落下速度は約50㎞/hとセンター・オブ・ジ・アースに比べて劣りますが、アトラクションのタイプが異なるため速度で怖さを比較するのは難しいところですね。

スポンサーリンク

センターオブジアースとタワーオブテラーどっちが怖い?(体験した感想)

※あくまでも私個人の主観による感想と、捉えていただけますと幸いです。

センター・オブ・ジ・アースとタワー・オブ・テラーどちらも、絶叫系アトラクションでありますが怖さの種類が異なると私は思っています。

個人的な感想として、センター・オブ・ジ・アースは一瞬なのに対して、タワー・オブ・テラーは最高到達地点38mを3回に分けて垂直に落下するため、タワーオブテラーの方が怖いと感じました。

人によって感じ方はまったく違いますが、フリーフォールタイプのアトラクションが苦手な方はタワー・オブ・テラーが怖いと感じ、ライドが揺れたり速度を上げて落下するのが苦手な方はセンター・オブ・ジ・アースが怖いと感じるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、どちらも乗ったことのある管理人が、2つを比較しながら実体験の感想も合わせてどっちが怖いのか解説させていただきました。

センター・オブ・ジ・アースとタワー・オブ・テラーは、が怖さの種類が異なるため怖さの比較はかなり難しいですが私個人的にはタワー・オブ・テラーの方が怖いと感じています。

とはいえ、どちらのアトラクションもバックグラウンドストーリー(アトラクションに設定された裏話)があったり、アトラクションの元になった作品があるため事前にチェックしておくと怖さを忘れて楽しめますよ。

東京ディズニーシー
ディズニー愛を発信しているので良かったらフォローお願いします
年パス持ち主婦のお1人様で満喫ディズニー♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました