初めて一人ディズニーに行く前に知っておきたい7つのこと【初心者必見】

スポンサーリンク
一人ディズニー
りりあん
りりあん

どうもディズニー大好き主婦の(@ririan)です。

念願だった初めての一人ディズニー。

楽しみでワクワクな気持ちが溢れる一方で、分からないことが沢山ありすぎて不安に思う気持ちもそれ以上に高まっているのではないでしょうか。

例えば、

「どっちのパークがおすすめなのか」

「アトラクションやショーは楽しめるのか」

「食事はどうしよう」

など、不安は尽きませんよね。

でも安心してください!

この記事にかかれている7つのことをしっかり押さえれば、それらの不安を払拭できるだけでなく、一人ディズニーを満喫することがきます。

ぜひ、一人ディズニーのデビュー前にチェックしてみてくだいさね。

スポンサーリンク

ランドとシーどっちがおすすめ?

初めての一人ディズニー、どっちがおすすめなのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、ランドとシーは隣り合うような形で運営されていますが、テーマ性が全く異なります。

ディズニーランドとディズニーシー

ディズニーランドは、ディズニーの名作をモチーフにしたアトラクションが多くあり、ファンタジーさ溢れるテーマパークです。

一方ディズニーシーは、小説や海、冒険にまつわるアトラクションが多くあり、イマジネーションを掻き立てるテーマパークになっています。

2つのパークの概要を記載しましたので、比較の際にお役立てください。

東京ディズニーランド東京ディズニーシー
開業日1983年4月15日2001年9月4日
面積51 ha49.0 ha
アトラクション39個29個
ショップ45店舗37店舗
レストラン50店舗38店舗

ちなみに面積はディズニーシーのほうが狭いですが、ランドよりシーのほうが階段や坂が多くあることから移動に時間がかかるため、体感的にはシーのほうが広く感じます。

ディズニーランドがおすすめな人

ランドはシーに比べてアトラクションの種類がとにかく豊富です。

ライトアップされるシンデレラ城

ディズニー映画を題材としたライドアトラクションをはじめ、シアター系や周遊系、体験型アトラクションなど様々なアトラクションが用意されています。

また、ディズニーシーのように階段や坂道がないため、歩きやすくテーマポートへの移動がしやすいのも魅力。

ディズニーランドがおすすめな人

・アトラクションを楽しみたい方
・ディズニー作品が大好きな方
・テーマポートを効率よく移動したい方

ディズニーシーがおすすめな人

ランドは世界各国にあるのに対して、ディズニーシーは世界にただ一つしかないため、特別感に溢れています。

パラッツォ・カナルにあるヴェネツィアゴンドラ

テーマポートは世界各国の有名な街並みを再現しており、パーク内の建物どれ一つとっても拘りを感じられるため、歩いているだけで旅行気分が味わえてしまいます。

また、異国情緒溢れる街並みに合わせたオシャレなレストランやラウンジも多く、食事やお酒が美味しいのも魅力の1つです。

アトラクションはランドに比べて数は少ないですが、ストーリー性が強いものや迫力あるものが多いため、乗りごたえがあり数の少なさを感じさせません。

ディズニーシーがおすすめな人

・食事やお酒を楽しみたい方
・絶叫系や迫力がある演出のアトラクションが好きな方
・異国情緒溢れる雰囲気が好きな方

スポンサーリンク

おすすめの曜日

ひとりディズニーを楽しむ上で、どの曜日や時期にパークに行くか決めることは最も重要なポイントといえます。

というのも、初めてのことばかりで不安な気持ちが強い中、混雑したパークで過ごすのは不安が強くなるばかりか、楽しむことすらできないからです。

カレンダー

私の経験から、一人ディズニーを初めてする方は以下の曜日や時期がおすすめです。

おすすめの曜日や時期

・平日の火・水・木
・閑散期(1月〜2月)
・イベントのお休み期間(例:ハロウィンからクリスマスに切り替わる期間など)

平日の中でも、3連休にしにくい火曜日と水曜日、木曜日は特におすすめです。

どうしても平日休みが取れない方は、閑散期(1月〜2月)や他のイベントに切り替わるイベントの無い期間の土曜日や日曜日、祝日だと比較的混雑を避けられます。

スポンサーリンク

絶対持っていくべきアイテム

一人ディズニーを快適に過ごす上で、持ち物の準備をしっかり行うことはとても大切です。

レジャーシートとカメラ・バッグ

私が一人ディズニーをする際に必ず持っていくアイテムは以下の物です。

一人ディズニーで重宝する持ち物

・モバイルバッテリー
・水筒
・ワイヤレスイヤホン

モバイルバッテリー

一人ディズニーの場合、アトラクションやショー・パレードの待ち時間が退屈になりやすいため、スマホを使用する頻度が圧倒的に高くなります。

ですからモバイルバッテリーはいくつ持っていても重宝しますよ。

水筒

ドリンク一つ購入するのにも並んだり、自販機を探したりしなければならないため、時間をできる限り有効的に使いたいという方は水筒を持っていくことをおすすめします。

テーマポートの移動時や、ショーやパレード、アトラクションの合間にささっと水分補給ができてとっても便利です。

ワイヤレスイヤホン

待ち時間の合間にゲームや音楽、映画や動画を楽しむとあっという間に時間が過ぎます。

ワイヤレスイヤホンさえ持っていけば、映画を観たりゲームをしたりしながらアトラクションやショーの待ち時間を過ごせるため退屈しません。

スポンサーリンク

アトラクションを楽しむ小技

一人ディズニーでアトラクションを楽しめるのか不安に思う方は私の周りにも多くいますし、それは恥ずかしいことでもおかしいことでもありません。安心してください。

今でこそ一人でアトラクションを楽しんでいる筆者も、初めての一人ディズニーではアトラクションに乗るのにとても勇気がいりました。

モンスターズ・インクのライド

そんな筆者が様々なアトラクションに一人で乗ってみたことによって、以下の特徴を持つアトラクションが一人でも気兼ねなく楽しめると知りました。

一人でも楽しみやすいアトラクションの特徴

・シングルライダー対象アトラクション
・ライドを一人で独占できるアトラクション
・大勢が一度に楽しめるシアタータイプのアトラクション

上記の特徴をもつアトラクションを、比較的パークが空いている午前中や閉園1時間前を狙って乗ることで少ない待ち時間で効率的にアトラクションを楽しめます。

スポンサーリンク

一人でも利用しやすいレストラン

一人でディズニーに行く場合、どこでご飯を食べようかお店選びで悩む方は多いのではないでしょうか。

パーク内にある殆どのレストランに一人で利用したことのある筆者が思うには、以下の特徴をもつレストランが一人でも利用しやすいです。

一人でも利用しやすいレストランの特徴

・カジュアルな雰囲気
・予約をせずに利用できる
・比較的リーズナブル

ランドでおすすめのレストラン

ディズニーランドには、ワゴン販売や席に座りながら食事ができるお店も合わせると50店舗のレストランがあります。

ウッドチャックの店内

数あるレストランの中で最も一人で食事がしやすいレストランは以下の4店舗です。

利用しやすいレストラン

・チャイナボイジャー
・ハングリーベアレストラン
・スウィートハートカフェ
・グランマ・サラのキッチン

◆メニューや店内の雰囲気などは下記記事をチェックしてみてくださいね。

シーでおすすめのレストラン

ディズニーシーのレストランは38店舗とランドに比べて少ないものの、料理や店内の雰囲気どれをとってもこだわりを感じられるため、満足度が非常に高いです。

リストランテディカナレット の店内

大人っぽくて素敵なレストランが多いディズニーシーで、最も一人で食事がしやすいレストランは以下の7店舗です。

利用しやすいレストラン

・カフェ・ポルトフィーノ
・ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ
・ニューヨークデリ
・ドックサイドダイナー
・セバスチャンのカリプソキッチン
・カスバ・フードコート
・ヴォルケイニア・レストラン

◆メニューや店内の雰囲気などは下記記事をチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ショーやパレードの場所取り

両パークともに期間や季節限定パレードやショーに加えて、ステージを使用した本格的なショーなど様々なプログラムが用意されています。

ですから初めて一人ディズニーに挑戦する方の中には、ショーやパレードをメインに楽しみたいと考えている方も多いかもしれませんね。

グリーティングショー

場所取りをしてショーやパレードを良い場所からゆっくり鑑賞したいという方は、以下のポイントを抑えておくと安心です。

ショーやパレードを場所取りする上でのポイント

・ショーやパレードとステージショーでは場所取りの方法が異なる
・荷物のみでの場所取りは禁止
・良い席で鑑賞するには1時間前からの場所取りが必須

◆おすすめの鑑賞場所や場所取りの秘訣は下記記事をチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

必要な予算

人によって必要になる費用は異なりますが、私の経験上2万円ほどの予算があれば十分に満喫できると思っています。

財布とお金

ただし、宿泊を検討している方や1日だけでなく2日や3日目もパークに遊びに行く予定の方は、予算を多めに見積もる必要があります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は私の経験を踏まえながら「初めて一人ディズニーに行く前に知っておきたい7つのこと」を、ご紹介させていただきました。

今でこそ一人ディズニーを満喫している筆者も、初心者時代は右も左も分からずで不安だったため、これから挑戦する方の手助けに少しでもなればと思いこの記事を書きました。

新しいことに挑戦する時は楽しみな気持ちよりも不安な気持ちでいっぱいだと思いますが、ぜひ勇気をだして一人ディズニーの世界に飛び込んでみてください。

一人ディズニー
ディズニー愛を発信しているので良かったらフォローお願いします
年パス持ち主婦のお1人様で満喫ディズニー♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました