ディズニーホテルのバリアフリー対応客室を紹介!車椅子でも宿泊を快適に!

ディズニーホテル
ぴょんたん
ぴょんたん

ディズニーホテルってバリアフリーに対応してるのかな?

りりあん
りりあん

ディズニーホテルは、車椅子でも利用しやすいバリアフリー対応の客室が各ホテルにあるんだよ!

ぴょんたん
ぴょんたん

そうなんだね!ぜひ詳しく知りたいな!

ということで今回は、各ディズニーホテルのバリアフリー対応客室を徹底紹介していきます。

車椅子ユーザーの場合、ホテルに宿泊する際は「車椅子で快適に宿泊できるか」とても気になると思われます。

安心して車椅子でのディズニー旅行を楽しむ為にも、ぜひチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

ディズニーホテルにはバリアフリー客室がある!

東京ディズニーリゾート公式ホテルは現在「ディズニーランドホテル」、「ディズニーシーホテルミラコスタ」、「ディズニーアンバサダーホテル」、「ディズニーセレブレーションホテル」の4つになります。

上記の東京ディズニーリゾート公式ホテルではバリアフリーに対応した「アクセシブルルーム、ユニバーサルルーム」客室が用意されており、車椅子の方でも安心して快適に宿泊できるようになっています。

※今後「トイストーリーホテル」が東京ディズニーリゾート公式ホテルに追加されますが、もしかしたらバリアフリーに対応した客室も用意されるかもしれません。

車椅子の方でも安心して宿泊できるバリアフリーに対応した客室をディズニーホテルでは「アクセシブルルーム、ユニバーサルルーム」と表現しています。

その為予約する際は「アクセシブルルーム、ユニバーサルルーム」であるかをご確認の上、予約することをおすすめします。

スポンサーリンク

ディズニーランドホテルのバリアフリー対応客室

ディズニーランドホテルの外観
引用元:公式サイト

ディズニーランドに最も近いホテル「ディズニーランドホテル」は、ヴィクトリア朝様式のファンタジーあふれる豪華なホテルです。

ホテル内には人気のレストラン「シャーウッドガーデンレストラン」や「ドリーマーズラウンジ」などがあります。

▶シャーウッドガーデンレストランのランチ体験記

▶ドリーマーズ・ラウンジ体験記

ディズニーランドホテルはJR舞浜駅から徒歩5分圏内とアクセスも良く、ホテルの目の前にはディズニーランドはもちろん、移動に便利なディズニーリゾートライン「東京ディズニーランドステーション」もある為、非常に利用するのに便利なホテルになります。

そんなディズニーランドホテルには、車椅子の方でも利用できるデラックスルーム(アクセシブル)というバリアフリー対応客室が用意されています。

ディズニーランドホテル デラックスルーム(アクセシブル)

ディズニーランドホテル デラックスルーム(アクセシブル)は、ランドホテルならではのヴィクトリア朝様式のファンタジーあふれる客室となっています。

車椅子の方でも安心して利用できるように、手すりはもちろん低めのベッドが用意されており、スーペリアルームに比べて広々としているのも特徴的です。

定員:3名
ベッドタイプ:ツイン
広さ:66平方メートル
階層:4-8階

※下記では、ランドホテル公式サイトのバリアフリー対応客室の画像を元に詳しく客室を紹介していきますが、掲載されている画像はルームタイプの一例であることをご了承願います。

また客室は全室禁煙となっています。

入口

ランドホテルのバリアフリー対応客室の入口
引用元:公式サイト

客室の入口も車椅子の方が出入りしやすい広めの作りです。

入口ドアは開口有効幅85cmとなっています。

ベッドルーム

ランドホテルのバリアフリー対応客室のベッドルーム
引用元:公式サイト

ベッドルームの入口は、車椅子が通りやすいように入口幅100cmとなっており、車椅子が通りやすい様に工夫されています。

ベッドルームも広々としており、ベッドは通常のベットの高さより高さ45cmと低めにされています。

洗面所・トイレ・バスルーム

ランドホテルのバリアフリー対応客室の洗面所・トイレ・バスルーム
引用元:公式サイト

ランドホテルのバリアフリー対応客室も、バス・トイレが別の作りとなっています。

洗面所のドアはスライドドアで、開口有効幅93cmとなっています。

洗面台の高さは、カウンター高さが80cm、カウンター下70cmとなっています。

トイレには手すりがついていますが、階の客室によって設置されている数が異なります。

※4階、5階の客室のトイレには両側に手すりがついていますが、6~8階の客室は座って右側のみの設置となっています。

ランドホテルのバリアフリー対応客室の浴槽
引用元:公式サイト

バスルームのドアはスライドドアになっており、開口有効幅83cmとなっています。

車椅子の方が安心して入浴できるように、浴槽上の壁面に2箇所ほど手すりが設置されています。

バスタブの深さは50cmとなっており、床からシャワーレバーの高さは119cmです。

※入浴する際に便利なバスマット、バスボード、シャワーベンチの貸し出しも行っています。

リビングルーム

ランドホテルのバリアフリー対応客室のリビングルーム
引用元:公式サイト

ディズニーランドホテルのバリアフリー対応客室「デラックスルーム(アクセシブル)」には、広々とした寛げるリビングルームも用意されています。

客室全体レイアウト

デラックスルーム(アクセシブル)のレイアウト1
客室全体のレイアウトから見ても、デラックスルーム(アクセシブル)は車椅子の方でも安心して利用することができる広さとなっています。
アメニティー/備品
短編映画『ミッキーの青春手帳』を参考にしたルームアメニティ
引用元:公式サイト

ディズニーランドホテルならではの可愛いアメニティも用意されています。

アメニティのデザインは、1941年にアメリカで公開された短編映画『ミッキーの青春手帳』をモデルにしたそうです!

アメニティの詳細は以下の通りになります。

〈アメニティ一覧〉
・シャンプー
・コンディショナー
・歯ブラシ
・ブラシ
・髭そり
・ボディータオル
・アメニティーキット
(綿棒・コットン・シャワーキャップ・ヘアバンド)
・室内用スリッパ
・ペーパーバッグ

ランドホテルでは、快適に宿泊できるように備品も整っています。

備品の詳細は以下の通りです。

〈備品一覧〉
・テレビ
(一般放送、ディズニーチャンネル)
・タオル類
・ハンドソープ
・ボディソープ
・ヘアドライヤー
・大人用パジャマ
・シャワートイレ
・セーフティーボックス
・冷蔵庫
・電気湯沸しポット
・無料のコーヒー、お茶
・無料の備え付けのミネラルウォーター
(追加分に関しては有料)

〈お子様向け設備・備品一覧〉

◆客室に常設している物◆
・お子様用スリッパ
・お子様用歯ブラシ
・お子様用マグカップ
・子ども用踏み台
・ベッドガード
(生後18ヶ月以上から利用可)

◆ご宿泊当日にご用意できる物◆
・お子様用パジャマ
Sサイズ(身長100cm以下)
Mサイズ(身長100~120cm)
Lサイズ(身長120~140cm
・おむつ袋

◆事前予約できる物◆
・おねしょパッド
・子ども用補助便座
・ベビーベッド
(生後18ヶ月未満)
・ベビーバス
・湯温計

※アイスディスペンサーは各階にあります。
※インターネット回線は、WiFi対応機器を持ち込めば、接続料無料で利用可能。
宿泊時に便利なショップ施設

ディズニーランドホテル内には、飲み物やお弁当などを購入できるコンビニが完備されています。

▶ディズニーランドホテルのコンビニの品揃えや営業時間

また、パークのお土産を購入できるお土産ショップもあり、宿泊者限定のお土産も販売されている為要チェックです!

▶ランドホテルのお土産屋さんの品揃えや営業時間

スポンサーリンク

ディズニーシー・ホテルミラコスタのバリアフリー対応客室

ディズニーホテルミラコスタ外観
引用元:公式サイト

東京ディズニーシー内にある「ディズニーシー・ホテルミラコスタ」は、イタリアンクラシックをコンセプトにした上質なホテルになります。

ディズニー公式ホテル唯一のディズニーテーマパーク一体型ホテルということもあり、とても人気のあるホテルでもあります。

また、ホテル内にはディズニーシーを一望できるレストラン「ベッラヴィスタ・ラウンジ」もあります。

▶ベッラヴィスタ・ラウンジ体験記

そんなホテル・ミラコスタには、車椅子の方でも利用できるスーペリアルーム(ピアッツァビュー)(アクセシブル)というバリアフリー対応客室が用意されています。

ポルト・パラディーゾ・サイド スーペリアルーム(ピアッツアビュー)(アクセシブル)

ポルト・パラディーゾ・サイド スーペリアルーム(ピアッツアビュー)(アクセシブル)は、ポルト・パラディーゾの広場や街並みを一望できるバリアフリー対応客室です。

車椅子の方でも安心して利用できるように、手すりはもちろん低めのダブルベッドが用意されており、寛ぎやすい配慮がされています。

定員:2名
ベッドタイプ:ダブル
広さ:37平方メートル

※下記では、ミラコスタ公式サイトのバリアフリー対応客室の画像を元に詳しく客室を紹介していきますが、掲載されている画像はルームタイプの一例であることをご了承願います。

また客室は全室禁煙となっています。

入口

ミラコスタのバリアフリー対応客室の入口
引用元:公式サイト

客室の入口も車椅子の方が出入りしやすい広めの作りです。

入口ドアは開口有効幅85cmとなっています。

ベッドルーム

ミラコスタのバリアフリー対応客室のベッドルーム
引用元:公式サイト

ベッドルームの入口は、車椅子が通りやすいように入口幅96cmとなっています。

引用元:公式サイト

ベッドルームは広々としていて落ち着いた雰囲気になっています。

ベッドは通常のベットの高さより高さ45cmと低めにされています。

洗面所・トイレ・バスルーム

ミラコスタのバリアフリー対応客室の洗面所・トイレ・バスルーム
引用元:公式サイト

ミラコスタのバリアフリー対応客室は、洗面所・トイレ・バスルームに仕切りが無く、開放的で移動がしやすい作りとなっています。

洗面所・トイレ・バスルームの入口ドアはスライドドアで、開口有効幅90cmとなっています。

洗面台の高さは、カウンター高さが80cm、カウンター下68cmとなっています。

トイレは床から便器の高さが42cm となっており、座って左側にのみ手すりが設置されています。

ミラコスタのバリアフリー対応客室の浴槽
引用元:公式サイト

車椅子の方が安心して入浴できるように、浴槽上の壁面に2箇所ほど手すりが設置されています。

バスタブの深さは50cm(床からバスタブの高さ42cm)となっており、床からシャワーレバーの高さは145cmです。

※入浴する際に便利なバスマット、バスボード、シャワーベンチの貸し出しも行っています。

アメニティ/備品
ミラコスタのアメニティ
引用元:公式サイト

ディズニーシー・ホテルミラコスタならではの大人なデザインがお洒落なアメニティも用意されています。

アメニティの詳細は以下の通りになります。

〈アメニティ一覧〉
・シャンプー
・コンディショナー
・歯ブラシ
・ブラシ
・髭そり
・ボディータオル
・アメニティーキット 
(綿棒・コットン・シャワーキャップ・ヘアバンド)
・室内用スリッパ
・ペーパーバッグ

ディズニーシー・ホテルミラコスタでは、快適に宿泊できるように備品も整っています。

備品の詳細は以下の通りです。

〈備品一覧〉
・テレビ
(一般放送、ディズニーチャンネル)
・タオル類
・ハンドソープ
・ボディソープ
・ヘアドライヤー
・大人用パジャマ
・シャワートイレ
・セーフティーボックス
・冷蔵庫
・電気湯沸しポット
・無料のコーヒー、お茶
・無料の備え付けのミネラルウォーター
(追加分に関しては有料)

〈お子様向け設備・備品一覧〉

 ◆客室に常設している物◆
・お子様用スリッパ 
・お子様用歯ブラシ
・お子様用マグカップ
・子ども用踏み台
・ベッドガード
(生後18ヶ月以上から利用可)

◆ご宿泊当日にご用意できる物◆
・お子様用パジャマ
Sサイズ(身長100cm以下)
Mサイズ(身長100~120cm)
Lサイズ(身長120~140cm
・おむつ袋

◆事前予約できる物◆
・おねしょパッド
・子ども用補助便座
・ベビーベッド
(生後18ヶ月未満)
・ベビーバス
・湯温計

※アイスディスペンサーは各階にあります。
※インターネット回線は、WiFi対応機器を持ち込めば、接続料無料で利用可能。
宿泊時に便利なショップ施設

ホテル・ミラコスタにはコンビニは無く、代わりにお土産ショップと日用品(飲み物やお菓子)などが購入できる「ミッキランジェロ・ギフト」というショップがあります。

スポンサーリンク

ディズニーアンバサダーホテルのバリアフリー対応客室

ディズニーアンバサダーホテル外観
引用元:公式サイト

ディズニーアンバサダーホテルのバリアフリー対応客室は、スティッチルーム(アクセシブル)、デラックスルーム(アクセシブル)、デラックスルーム(ユニバーサル)の3種類あります。

下記では、各ルームごとに特徴を紹介していきます。

スティッチルーム(アクセシブル)

スティッチルーム(アクセシブル)は、ディズニーアンバサダーホテルのバリアフリー対応客室で唯一のキャラクタールームです。

スティッチルームは、ディズニー映画『リロ&スティッチ』をイメージして作られた客室である為、ハワイアンな雰囲気を味わうことができます。

客室の至る所にスティッチが描かれている為、スティッチ好きにはたまりません!

定員:3名
ベッドタイプ:ツイン
広さ:38平方メートル

※下記では、アンバサダーホテル公式サイトのスティッチルーム(アクセシブル)の画像を元に詳しく客室を紹介していきますが、掲載されている画像はルームタイプの一例であることをご了承願います。

また客室は全室禁煙となっています。

入口・入口付近

スティッチルームの入口
引用元:公式サイト

客室の入口も車椅子の方が出入りしやすい広めの作りです。

入口ドアは開口有効幅85cmとなっています。

ベッドルーム

スティッチルームのベッドルーム
引用元:公式サイト

ベッドルームの入口は、車椅子が通りやすいように入口幅143cmと非常に広くなっており、車椅子が通りやすい様に工夫されています。

ベッドルームも広々としています。

ベッドの高さは55cmで、ベッドの間隔65cmとなっております。

洗面所・トイレ・バスルーム

スティッチルームの洗面所・トイレ・バスルーム
引用元:公式サイト

アンバサダーホテルのバリアフリー対応客室は、洗面所・トイレ・バスルームに仕切りが無く、開放的で移動がしやすい作りとなっています。

洗面所・トイレ・バスルームの入口ドアはスライドドアで、開口有効幅100cmとなっています。

洗面台の高さは、カウンター高さが80cm、カウンター下68cmとなっています。

トイレは床から便器の高さが42cm となっており、座って左側のみ手すりが設置されています。

スティッチルームの浴槽
引用元:公式サイト

車椅子の方が安心して入浴できるように、浴槽上の壁面に2箇所ほど手すりが設置されています。

バスタブの深さは50cm(床からバスタブの高さ46cm)となっており、床からシャワーレバーの高さは80cmです。

※入浴する際に便利なバスマット、バスボード、シャワーベンチの貸し出しも行っています。

宿泊特典
スティッチルーム限定ポーチ
引用元:公式サイト

スティッチルーム(アクセシブル)の宿泊特典として、スティッチをイメージしたオリジナルのポーチ記念に持ち帰ることができます。

デラックスルーム(アクセシブル)

スーペリアルームと比べて広めのデラックスルーム(アクセシブル)は、シンプルで落ち着いた雰囲気が特徴的な客室です。

また、レギュラーベッド2台のほかに、自由に引き出し可能な「トランドルベッド」も備えられている為、同一料金で3名様まで宿泊できるのが魅力的でもあります。

定員:3名
ベッドタイプ:ツイン
広さ:56平方メートル

※下記では、アンバサダーホテル公式サイトのデラックスルーム(アクセシブル)の画像を元に詳しく客室を紹介していきますが、掲載されている画像はルームタイプの一例であることをご了承願います。

また客室は全室禁煙となっています。

入口・ベッドルーム

デラックスルーム(アクセシブル)の入口
引用元:公式サイト

客室の入口も車椅子の方が出入りしやすい広めの作りです。

入口ドアは開口有効幅85cmとなっています。

ベッドルームの入口は、車椅子が通りやすいように入口幅160cmと非常に広くなっています。

デラックスルーム(アクセシブル)のベッドルーム
引用元:公式サイト

ベッドルームは、車椅子でも移動しやすい広々とした作りになっています。

ベッドの高さは55cmで、ベッドの間隔65cmとなっております。

洗面所・トイレ・バスルーム

デラックスルーム(アクセシブル)の洗面所・トイレ・バスルーム
引用元:公式サイト

アンバサダーホテルのバリアフリー対応客室は、洗面所・トイレ・バスルームに仕切りが無く、開放的で移動がしやすい作りとなっています。

洗面所・トイレ・バスルームの入口ドアはスライドドアで、開口有効幅100cmとなっています。

洗面台の高さは、カウンター高さが82cm、カウンター下70cmとなっています。

デラックスルーム(アクセシブル)のトイレと洗面台
引用元:公式サイト

トイレは床から便器の高さが42cm となっており、座って右側のみ手すりが設置されています。

デラックスルーム(アクセシブル)の浴槽
引用元:公式サイト

浴槽上の壁面に2箇所ほど手すりが設置されています。

バスタブの深さは50cm(床からバスタブの高さ48cm)となっており、床からシャワーレバーの高さは75cmです。

※入浴する際に便利なバスマット、バスボード、シャワーベンチの貸し出しも行っています。

デラックスルーム(ユニバーサル)

デラックスルーム(アクセシブル)と同様にスーペリアルームに比べて広めの客室になっています。

車椅子の方でも利用しやすいように手すりはもちろん、電動でリクライニングが可能なベッドも設置されています。

また、レギュラーベッド2台のほかに、自由に引き出し可能な「トランドルベッド」も備えられている為、同一料金で3名様まで宿泊できます。

定員:3名
ベッドタイプ:ツイン
広さ:56平方メートル

※下記では、アンバサダーホテル公式サイトのデラックスルーム(ユニバーサルの画像を元に詳しく客室を紹介していきますが、掲載されている画像はルームタイプの一例であることをご了承願います。

また客室は全室禁煙となっています。

入口・ベッドルーム

デラックスルーム(ユニバーサル)の入口
引用元:公式サイト

デラックスルーム(アクセシブル)と同様に客室の入口は広めになっています。

入口ドアは開口有効幅85cmです。

ベッドルームの入口は、車椅子が通りやすいように入口幅160cmと非常に広くなっています。

デラックスルーム(ユニバーサル)のベッドルーム
引用元:公式サイト

ベッドルームは、車椅子でも移動しやすい広々とした作りになっています。

ベッドは片側1台のみ電動でリクライニングが可能です。

※起き上がり補助(背上げ、膝上げ、昇降機能付き)

ベッドの高さは55cmで、ベッドの間隔120cmとかなり広いです。

洗面所・トイレ・バスルーム

デラックスルーム(ユニバーサル)の洗面所・トイレ・バスルーム
引用元:公式サイト

アンバサダーホテルのバリアフリー対応客室は、洗面所・トイレ・バスルームに仕切りが無く、開放的で移動がしやすい作りとなっています。

洗面所・トイレ・バスルームの入口ドアはスライドドアで、開口有効幅100cmとなっています。

洗面台の高さは、カウンター高さが76cm、カウンター下64cmとなっています。

デラックスルーム(ユニバーサル)のトイレと洗面台
引用元:公式サイト

トイレは床から便器の高さが42cmとなっており、両側に手すりが設置されています。

デラックスルーム(ユニバーサル)の浴槽
引用元:公式サイト

浴槽上の壁面に2箇所ほど手すりが設置されています。

バスタブの深さは50cm(床からバスタブの高さ46cm)となっており、床からシャワーレバーの高さは75cmです。

※入浴する際に便利なバスマット、バスボード、シャワーベンチの貸し出しも行っています。

アメニティー/備品

アンバサダーのアメニティ
引用元:公式サイト

ディズニーアンバサダーホテルの外観をイメージしたデザインがお洒落なアメニティも用意されています。

アメニティの詳細は以下の通りになります。

〈アメニティ一覧〉
・シャンプー
・コンディショナー
・歯ブラシ
・ブラシ
・髭そり
・ボディータオル
・アメニティーキット
(綿棒・コットン・シャワーキャップ・ヘアバンド)
・室内用スリッパ
・ペーパーバッグ

ディズニーアンバサダーホテルでは、快適に宿泊できるように備品も整っています。

備品の詳細は以下の通りです。

〈備品一覧〉
・テレビ
(一般放送、ディズニーチャンネル)
・タオル類
・ハンドソープ
・ボディソープ
・ヘアドライヤー
・大人用パジャマ
・シャワートイレ
・セーフティーボックス
・冷蔵庫
・電気湯沸しポット
・無料のコーヒー、お茶
・無料の備え付けのミネラルウォーター
(追加分に関しては有料)

〈お子様向け設備・備品一覧〉

 ◆客室に常設している物◆
・お子様用スリッパ 
・お子様用歯ブラシ
・お子様用マグカップ
・子ども用踏み台
・ベッドガード
(生後18ヶ月以上から利用可)

◆ご宿泊当日にご用意できる物◆
・お子様用パジャマ
Sサイズ(身長100cm以下)
Mサイズ(身長100~120cm)
Lサイズ(身長120~140cm
・おむつ袋

◆事前予約できる物◆
・おねしょパッド
・子ども用補助便座
・ベビーベッド
(生後18ヶ月未満)
・ベビーバス
・湯温計

※アイスディスペンサーは各階にあります。
※インターネット回線は、WiFi対応機器を持ち込めば、接続料無料で利用可能。

※キャラクターをテーマにした客室に宿泊の際は、アメニティーキットのケースが既存のオリジナルポーチとなります。

宿泊時に便利なショップ施設

アンバサダーホテルでは、宿泊時に便利なコンビニ「サンセットサンドリー」や、お土産ショップ「フェスティバル・ディズニー」がはいっています。

スポンサーリンク

ディズニーセレブレーションホテル(ウィッシュ)のバリアフリー対応客室

ディズニーセレブレーションホテル(ウイッシュ)の外観
引用元:公式サイト

東京ディズニーリゾート公式ホテルの中でもリーズナブルに宿泊できる「ディズニーセレブレーションホテル」は、ディスカバーとファンタジーの2棟からなるホテルです。

夢やファンタジーがテーマの「ウィッシュ」は、ディズニー感満載で大人から子供まで価格以上に満足できるホテルでもあります。

▶セレブレーションホテル「ウィッシュ」体験記

そんなディズニーホテルの中でもリーズナブルに宿泊できるセレブレーションホテル内にも、車椅子の方でも安心して宿泊できるウィッシュ アクセシブルルームが用意されています。

ウィッシュ アクセシブルルーム

ウィッシュ アクセシブルルームは、車椅子の方でも利用しやすいように室内の段差をなくした作りになっています。

ベッドが2台(33m²)と3台(37m²)の客室が用意されています。

定員:2~3名
ベッドタイプ:
33m²:レギュラーベッド×2 
37m²:レギュラーベッド×3
広さ:33平方メートル・37平方メートル

※下記では、セレブレーションホテル公式サイトのウィッシュ アクセシブルルームの画像を元に詳しく客室を紹介していきますが、掲載されている画像はルームタイプの一例であることをご了承願います。

また客室は全室禁煙となっています。

入口

ウィッシュ アクセシブルルームの入口
引用元:公式サイト

セレブレーションホテルウィッシュのバリアフリー対応客室は、車椅子の方でも利用しやすいように広めの作りとなっています。

入口ドアは開口有効幅80cmとなっています。

ベッドルーム

ウィッシュ アクセシブルルームのベッドルーム
引用元:公式サイト

ベッドルームの入口幅はツインか、トリプルかによって幅のサイズが変わってきます。

ツインの場合の入口幅は95cmで、トリプルの場合は60cmになります。

ベッドの高さはツイン、トリプルどちらも45cmですが、ベッドの間隔はツインとトリプルで変わってきます。

ツイン20cmで、トリプル30cmと10cmほどの違いがあります。

洗面所・トイレ・バスルーム

ウィッシュ アクセシブルルームの洗面所・トイレ・バスルーム
引用元:公式サイト

セレブレーションホテルのバリアフリー対応客室は、洗面所・トイレ・バスルームに仕切りが無く、開放的で移動がしやすい作りとなっています。

洗面所・トイレ・バスルームの入口ドアはスライドドアで、開口有効幅120cmとなっています。

洗面台の高さは、カウンター高さが78cm、カウンター下60cmとなっています。

トイレは床から便器の高さが40cmとなっており、手すりはバスタブ側にのみ設置されています。

ウィッシュ アクセシブルルームの浴槽
引用元:公式サイト

浴槽上の壁面に2箇所ほど手すりが設置されています。

バスタブの深さは50cm(床からバスタブの高さ40cm)となっており、床からシャワーレバーの高さは65cmです。

※入浴する際に便利なバスボード、シャワーベンチの貸し出しも行っています。

客室全体レイアウト

”ウィッシュ” アクセシブルルームのレイアウト1
セレブレーションホテルウィッシュのウィッシュ アクセシブルルームのトリプルの客室レイアウトです。
アメニティー/備品
セレブレーションホテルのアメニティ
引用元:公式サイト

セレブレーションホテルでもディズニーデザインの可愛いアメニティが用意されています。

※ウイッシュのアメニティは写真から見て右側のデザインのものになります。

アメニティの詳細は以下の通りになります。

〈アメニティ一覧〉
・歯ブラシ
・ブラシ
・ボディータオル
・室内用スリッパ
・アメニティーキット
(綿棒・コットン・ヘアゴム)
・髭そり
(フロントにご用意)
・化粧品セット
※洗顔料、クレンジングオイル、化粧水、乳液)はフロントに用意されています。

セレブレーションホテルはリーズナブルなホテルではありますが、快適に宿泊できるように備品も整っています。

備品の詳細は以下の通りです。

〈備品一覧〉
・テレビ
(一般放送、ディズニーチャンネル)
・タオル類
・ハンドソープ
・ヘアドライヤー
・大人用パジャマ
・シャワートイレ
・セーフティーボックス
・冷蔵庫
・シャンプー(ディスペンサー式)
・コンディショナー(ディスペンサー式)
・ボディソープ(ディスペンサー式)
・電気湯沸しケトル
・無料のお茶
・加湿機

〈お子様向け設備・備品一覧〉

◆客室に常設している物◆
・子ども用踏み台
・ベッドガード
(生後18ヶ月以上から利用可)

◆ご宿泊当日にご用意できる物◆
・お子様用パジャマ
セパレートタイプ/2サイズ
 Mサイズ(身長100~120cm)
 Lサイズ(身長120~140cm)
・おむつ袋
・お子様用スリッパ
・お子様用歯ブラシ

◆事前予約できる物◆
・おねしょパッド
・子ども用補助便座
・ベビーベッド
(生後18ヶ月未満)

※インターネット回線は、WiFi対応機器を持ち込めば、接続料無料で利用可能。
宿泊時に便利なショップ施設

セレブレーションホテルウィッシュ内には「ウイッシュ・スナック&サンドリー」というコンビニや、セレブレーション限定のお土産も購入できる「ディズニーファンタジー」も入っています。

その他にも館内には様々な施設があります。

スポンサーリンク

ディズニーセレブレーションホテル(ディスカバー)のバリアフリー対応客室

セレブレーションホテル(ディスカバー)の外観
引用元:公式サイト

ディズニーセレブレーションホテルディスカバーは、冒険や発見がテーマのホテルです。

館内はテーマの雰囲気満載で、大人から子供まで価格以上に満足できるホテルとなっています。

そんなディズニーセレブレーションホテルディスカバーは、ウィッシュと同様に車椅子の方でも安心して宿泊できるディスカバー アクセシブルルームが用意されています。

ディスカバー アクセシブルルーム

ディスカバー アクセシブルルームは、車椅子の方でも利用しやすいように室内の段差をなくした作りになっています。

ベッドが2台(33m²)と3台(37m²)の客室が用意されています。

定員:2~3名
ベッドタイプ:
33m²:レギュラーベッド×2 
37m²:レギュラーベッド×3
広さ:33平方メートル・37平方メートル

※下記では、セレブレーションホテル公式サイトのディスカバー アクセシブルルームの画像を元に詳しく客室を紹介していきますが、掲載されている画像はルームタイプの一例であることをご了承願います。

また客室は全室禁煙となっています。

入口

ディスカバー アクセシブルルームの入口
引用元:公式サイト

セレブレーションホテルディスカバーのバリアフリー対応客室は、車椅子の方でも利用しやすいように広めの作りとなっています。

入口ドアは開口有効幅80cmとなっています。

ベッドルーム

ディスカバー アクセシブルルームのベッドルーム
引用元:公式サイト

セレブレーションホテルディスカバーのバリアフリー対応客室も、ホテルのテーマに沿った冒険や発見をイメージした客室となっています。

ベッドルームの入口幅はツインか、トリプルかによって幅のサイズが変わってきます。

ツインの場合の入口幅は95cmで、トリプルの場合は60cmになります。

ベッドの高さはツイン、トリプルどちらも45cmですが、ベッドの間隔はツインとトリプルで変わってきます。

ツイン20cmで、トリプル30cmと10cmほどの違いがあります。

洗面所・トイレ・バスルーム

ディスカバー アクセシブルルームの洗面所・トイレ・バスルーム
引用元:公式サイト

セレブレーションホテルのバリアフリー対応客室は、洗面所・トイレ・バスルームに仕切りが無く、開放的で移動がしやすい作りとなっています。

洗面所・トイレ・バスルームの入口ドアはスライドドアで、開口有効幅120cmとなっています。

洗面台の高さは、カウンター高さが78cm、カウンター下60cmとなっています。

ディスカバー アクセシブルルームの浴槽
引用元:公式サイト

浴槽上の壁面に2箇所ほど手すりが設置されています。

バスタブの深さは50cm(床からバスタブの高さ40cm)となっており、床からシャワーレバーの高さは65cmです。

※入浴する際に便利なバスボード、シャワーベンチの貸し出しも行っています。

客室レイアウト

”ディスカバー” アクセシブルルームのレイアウト1
セレブレーションホテルディスカバーのディスカバー アクセシブルルームのトリプルの客室レイアウトです。
アメニティー/備品
公式】宿泊/客室 | 東京ディズニーセレブレーションホテル | 東京ディズニーリゾート

セレブレーションホテルでもディズニーデザインの可愛いアメニティが用意されています。

※ディスカバーのアメニティは写真から見て左側のデザインのものになります。

アメニティの詳細は以下の通りになります。

〈アメニティ一覧〉
・歯ブラシ
・ブラシ
・ボディータオル
・室内用スリッパ
・アメニティーキット
(綿棒・コットン・ヘアゴム)
・髭そり
(フロントにご用意)
・化粧品セット
※洗顔料、クレンジングオイル、化粧水、乳液)はフロントに用意されています。

セレブレーションホテルはリーズナブルなホテルではありますが、快適に宿泊できるように備品も整っています。

備品の詳細は以下の通りです。

〈備品一覧〉
・テレビ
(一般放送、ディズニーチャンネル)
・タオル類
・ハンドソープ
・ヘアドライヤー
・大人用パジャマ
・シャワートイレ
・セーフティーボックス
・冷蔵庫
・シャンプー(ディスペンサー式)
・コンディショナー(ディスペンサー式)
・ボディソープ(ディスペンサー式)
・電気湯沸しケトル
・無料のお茶
・加湿機

〈お子様向け設備・備品一覧〉

◆客室に常設している物◆
・子ども用踏み台
・ベッドガード
(生後18ヶ月以上から利用可)

◆ご宿泊当日にご用意できる物◆
・お子様用パジャマ
セパレートタイプ/2サイズ
 Mサイズ(身長100~120cm)
 Lサイズ(身長120~140cm)
・おむつ袋
・お子様用スリッパ
・お子様用歯ブラシ

◆事前予約できる物◆
・おねしょパッド
・子ども用補助便座
・ベビーベッド
(生後18ヶ月未満)

※インターネット回線は、WiFi対応機器を持ち込めば、接続料無料で利用可能。
宿泊時に便利なショップ施設

セレブレーションホテルディスカバー内にも「ウイッシュ・スナック&サンドリー」というコンビニや、セレブレーション限定のお土産も購入できる「ディズニーファンタジー」も入っています。

スポンサーリンク

各ディズニーホテルのバリアフリー対応客室の料金比較表

各ディズニーホテルのバリアフリー対応客室の料金を比較表で紹介していきます。

予約をする際の参考にしてみてくださいね!

ホテル名バリアフリー対応客室料金
ディズニーランドホテル ・デラックスルーム (アクセシブル) 47,500円〜
ディズニーシー・ホテルミラコスタ・ポルト・パラディーゾ・サイド スーペリアルーム(ピアッツアビュー)(アクセシブル)64,000円〜
ディズニーアンバサダーホテル・ステイッチルーム
・デラックスルーム (アクセシブル)
・デラックスルーム (ユニバーサル)
45,000円〜
41,500円〜
41,500円〜
ディズニーセレブレーションホテル
(ウイッシュ)
ウィッシュ アクセシブルルーム21,500円〜
ディズニーセレブレーションホテル
(ディスカバー)
・ディスカバー アクセシブルルーム
21,500円〜

※各ディズニーホテルのバリアフリー対応客室の料金は、宿泊日によって変わります。

セレブレーションホテル以外のディズニーホテルは、価格がやや高めで予約が取りにくいです。

スポンサーリンク

ディズニーホテルの予約方法は?

ディズニーホテルの予約は、チェックイン日の2ヶ月前の同日11:00より「東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト」で予約することが可能です。

詳しくは公式サイトをご確認ください。▶公式サイト

当日予約の場合は、各ホテルの代表電話から予約する必要があります。

各ディズニーホテルの代表電話はこちら

スポンサーリンク

ディズニーホテルは車椅子でも安心して宿泊できる!

今回は、各ディズニーホテルのバリアフリー対応客室を紹介させていただきました。

ディズニーホテルは、車椅子でも安心して宿泊できるホテルです。

ただしホテルによってパークへの近さや、料金が異なる為、旅行の目的に合わせて宿泊するホテルを選ぶことをおすすめします。

ディズニーホテル
ディズニー愛を発信しているので良かったらフォローお願いします
年パス持ち主婦のお1人様で満喫ディズニー♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました